スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バージンロード 主演:和久井映見 ラブストーリーの名作

1997年にフジテレビ系列で放送された恋愛ドラマ。

主題歌の「CAN YOU CELEBRATE?」はこのドラマの影響で結婚式の定番曲になった。
累計出荷枚数は250万枚で安室奈美恵の最大のヒット曲。

桜井和美の幼少期の役で当時8歳の大島優子(AKB48)が出演している。

脚本:龍居由佳里
出演:和久井映見 反町隆史 武田鉄矢 北原雅樹 余貴美子 宝生舞 寺脇康文 岩城滉一 古尾谷雅人

virgin_road_1.jpg

virgin_roal_10.jpg

virgin_road_4.jpg



【あらすじ】
桜井和美(和久井映見)は勤めていた会社を辞め、ジュエリーデザイナーになる夢を叶えるために父・光(武田鉄矢)の反対を押し切りアメリカへ留学する。

留学先のアメリカで和美は恋人もできて幸せな日々を送っていた。
ところがある日、付き合っていた彼の口から妻子がいるという思いもよらない告白をされてしまう。
ショックを受けた和美は妊娠していることを言い出せないまま、彼からの連絡も途絶え別れてしまう。

その後、和美は父・光が危篤との知らせを受け急遽帰国。
日本に向かう飛行機の機内で、和美はつわりで気分が悪くなり隣の座席にいた吉見薫(反町隆史)に嘔吐してしまい、その事がきっかけで彼と親しくなる。

成田空港に着くと和美は、薫にとんでもない頼み事を持ちかけた。
それは、危篤の父の枕元で婚約者のフリをするアルバイトをして欲しいというものだった。
和美は以前、家族に宛てて「帰国する時に婚約者を連れて行く」という手紙を出しており、父を安心させる為に思いついた嘘だった。

最初はお互い婚約者のフリをしてるだけの関係だったが、深く関わっていくうちに少しずつ惹かれあっていく。



【感想】
嘘から始まる恋、シングルマザーになる女性の心の成長というストーリー。

ストーリーも役者さんたちの演技も、音楽もとにかく素晴らしいドラマでした。
バージンロード、すごく面白かったです。

物語の前半は武田鉄矢さんのキャラもあって、コミカルな感じですが
中盤から終盤にかけての先の読めないドラマチックな展開にはすごいものがあります。
メチャメチャ泣けました。

主演は当時の月9の常連、和久井映見さん。

virgin_road_6.jpg

virgin_road_7.jpg

ものすごく美人っていうわけじゃないけど、幼い顔立ちで思わず守ってあげたくなるような和風美人ですね。
おっとりとした優しい口調で、落ち着いた雰囲気のある女優さんです。

こういうタイプの女優さんって意外と少ないような気がします。

偽婚約者役の反町隆史さん。
ワイルドでカッコイイ。

virgin_road_8.jpg

幼い頃母親に捨てられ幼なじみの恩田季里(宝生舞)と施設で育った。
そのためか少し冷めた性格だったが桜井家の温かい家族と触れあううちに変わっていく。

父親役の武田鉄矢さんは一番の立役者。
娘のために怒ったり泣いたり父親の温かい深い深い愛情を感じられる迫真の演技が素晴らしかった。

virgin_road_9.jpg

virgin_road_10.jpg




【サブタイトル】

第一話 一晩だけの婚約者…失恋、父の危篤そして妊娠…

第二話 婚約者の謎、嘘の恋のはずなのに…

第三話 実は運命の人…嘘と本気で揺れる心

第四話 子供の命の危機!突然の父親の出現

第五話 再会、衝撃のプロポーズ

第六話 嘘が発覚!愛の決断の時

第七話 新たな恋、嫉妬、裏切り

第八話 命の場所で哀しい別れ…隠された出生の秘密

第九話 傷ついた孤独な夜に衝撃の愛の告白

第十話 最後の約束…二人の涙の決意と誓い

最終話 幻の花嫁、彼だけを想って…哀しみの一歩、運命の扉を開ける時


主題歌


[ 2011/06/26 01:39 ] ドラマ ラブストーリー | TB(0) | CM(0)

冬空に月は輝く P&Gパンテーンドラマスペシャル 主演:綾瀬はるか

2004年にフジテレビで放送された綾瀬はるか主演のドラマ。

フジテレビのドラマ脚本の分野で新しい才能を発掘し育てることを目的としたヤングシナリオ大賞と
夢に向って頑張る女性を応援するP&Gパンテーンのコラボレーションによる
P&Gパンテーンドラマスペシャルの第2弾。

脚本:安達奈緒子
出演:綾瀬はるか 佐藤めぐみ 上野なつひ 水川あさみ 沢尻エリカ 石川佳奈

綾瀬はるか初主演ドラマ

huyusora_1.jpg




【あらすじ】
今宮華子(綾瀬はるか)は小さい頃より祖母から弓道を教わっていた。
高校1年生で県大会の個人戦で優勝するほどの実力者になっていたが、祖母が他界した事や生真面目な性格だったことが原因で弓道では「早気(はやけ)」と呼ばれているスランプに陥ってしまう。

huyusora_2.jpg

そんなとき、東京から転校してきた上井江麻(佐藤めぐみ)が弓道部に入部。
弓道を辞めようかと悩む華子を江麻は部活の楽しさを通して引き留める。

進路の悩みや将来の夢を語り合ううちにいつしか2人は親友になっていった。

huyusora_3.jpg

しかし3年生の3学期になるころ、ふとした誤解から2人は仲違いをしてしまう。
大学入試試験も終わり、口も聞かぬまま2人は弓道部最後の行事、卒業生追い出し試合をむかえる。。

huyusora_4.jpg



【感想】
弓道を通して挫折から克服、友情、心の成長・自立を描いた作品。
恋愛要素はなくて、将来のことで迷い悩む時期の友情物語になっています。

挫折、克服、成長というパターンのドラマは、別にスポーツでも勉強でも音楽でも、挫折と克服が設定できれば何でもアリだけど、このドラマは弓道という日本古来の武道なので、厳粛で落ち着いた雰囲気があって、すごく感じのいいドラマでした。

でも一時間の短かいドラマなので淡泊すぎる感じが…。
沢尻エリカさんや水川あさみさんも出演してますけど、セリフもほとんどないし写るのも一瞬だし。

もうちょっとゆったりと観てみたかった。



主役の2人が並んで弓を射るシーンがすごく綺麗で印象的でした。

綾瀬はるかさんは、和風で清楚な役がイメージにピッタリ。
弓道の袴姿がすごく似合っててカッコいいです。

huyusora_5.jpg

親友役の佐藤めぐみさんも素晴らしかった。
主人公の華子が悩んで落ち込んでる場面が多いので暗い感じになりがちなところを、華子とは対照的にその雰囲気をパッと明るく盛り上げてくれる元気なキャラで最高でした。

笑うと子どもみたいに無邪気な可愛い笑顔なのに、怒った顔は迫力があって怖い。
どんな役でもこなせそうな感じの女優さんでした。

huyusora_7.jpg





スローダンス(SLOW DANCE) 主演:妻夫木聡、深津絵里

2005年にフジテレビ系で放送された恋愛ドラマ。

脚本:衛藤凛
出演:妻夫木聡 深津絵里 広末涼子 小林麻央 藤木直人 田中圭 小泉孝太郎 蛯原友里 真木蔵人

slow_dance_1.jpg

【あらすじ】
自動車教習所の指導員を務める芹沢理一(妻夫木聡)は、大学時代、映画監督を目指していたが、
自分自身にブレーキを掛けてしまい夢を追わず今に至っていた。

ある朝、理一はコーヒーショップで、注文したものと違っていたので取替えようとしたところ、
牧野衣咲(深津絵里)に横入りだと非難される。
衣咲を見た理一は、なんとなく彼女に見覚えがあった。

slow_dance_2.jpg

衣咲は理一の自動車教習所の生徒でもあったが、かつて理一が通っていた高校に教育実習生として赴き、理一の人生に影響を与えた人物だった。



【感想】
主人公の二人が本当に仲が良くて、掛け合いが面白い。
特に衣咲が面白いキャラで観ていて楽しいドラマです。

slow_dance_4.jpg

たんなる友達同士だった男女が、深く関わっていくうちに恋愛感情を抱いていって「大切な人」に変わっていく心の変化が上手く表現してあって、観ていて、人を好きになった時のことを思い出させてくれるような感覚がありました。

主人公の二人とは別に理一の兄の芹沢英介(藤木直人)と小池実乃(広末涼子)の恋愛もサブストーリーとして同時進行しますが、こっちの話も面白い。

心の変化を丁寧に描いているためか、ゆっくりとしたテンポのドラマですが
理一と衣咲の掛け合いが楽しいので、バランスが悪い感じはしませんでした。

とても良くできた恋愛ドラマだと思います。







主題歌

福山雅治 東京 (ユニバーサルJ)



オリジナル・サウンド・トラック


[ 2011/06/17 22:55 ] ドラマ ラブストーリー | TB(0) | CM(0)

離婚弁護士Ⅱ~ハンサムウーマン~ 主演:天海祐希

2005年にフジテレビ系列で放送された法曹モノのドラマ。

脚本:林宏司
出演:天海祐希 瀬戸朝香 佐々木蔵之介 玉川鉄二 津川雅彦 宇梶剛士 片瀬那奈 戸田恵子

rikonbengosi_2_0.jpg



【あらすじ・感想】
離婚弁護士のシリーズ第2弾。

rikonbengosi_2_1.jpg

前作同様、天海祐希さん最高でした。

今回は間宮のライバル的な存在として、やり手のヤメ検弁護士(元検事の弁護士)の佐伯絵里(瀬戸朝香)が登場します。

rikonbengosi_2_2.jpg

離婚問題のスペシャリストで間宮とはタイプの違う優秀な弁護士という役どころ。
間宮vs佐伯の戦いは見どころのひとつです。

もし前作よりも良いと思う部分を挙げろと言われたら瀬戸さんの存在ですね。

事務所のスタッフには新しく受付嬢の緒方亜紀(片瀬那奈)とパラリーガルの小向つや子(戸田恵子)の二人が入り、より賑やかに。

戸田恵子さんが入ったことでコメディ色が増しました、…というよりちょっと騒がしくなってしまった。
このドラマの雰囲気には合ってないかも。

今回は間宮貴子に恋人が出来ます。
ところがその後とんでもないことに…。




【サブタイトル】

第1話 対決!最強弁護士 [婚約不履行 デート商法]

第2話 壮絶慰謝料合戦 [不貞行為 慰謝料]

第3話 離婚詐欺 [離婚理由の詐称]

第4話 夫の土下座 [夫婦財産契約 夫婦関係調停]

第5話 涙の親権争い! [離婚に伴うペットの飼育権問題]

第6話 占いで離婚?! [不動産取引 占いによる詐欺商法]

第7話 絶対別れない女 [離婚請求 認知]

第8話 鉄の女、号泣!! [親権変更]

第9話 え!?不倫弁護士 [クーリングオフ]

第10話 セクハラした女 [セクハラ 不貞行為]

第11話 最後に笑う女 [株取引 不貞行為 地位の回復]



主題歌
星村麻衣 - EVERY

[ 2011/06/13 22:12 ] ドラマ 社会派ドラマ | TB(0) | CM(0)

離婚弁護士スペシャル 主演:天海祐希

2005年にフジテレビで新春スペシャルとして放送された。

脚本:林宏司
出演:天海祐希 飯島直子 押尾学 大杉漣 佐藤隆太 佐々木蔵之介 渡辺いっけい 井上和香 玉川鉄二

rikonbengosi_sp_1.jpg

【あらすじ】
民事の弁護士としても成長を遂げた間宮(天海祐希)の活躍により
間宮貴子法律事務所は家事から企業法務まで幅広く扱う事務所として評判になっていた。

事務所のメンバーは受付嬢がゆかり(井上和香)に変わり、臨時で雇った弁護士・安藤博隆(渡辺いっけい)が新しくスタッフとして加わっていた。

ある日の夜、間宮が年下の恋人・夏木佑介(佐藤隆太)とのトラブルで警察沙汰になったところを学生時代から犬猿の仲だった矢吹遥(飯島直子)に偶然目撃されてしまう。
すると翌日、遥が突然間宮法律事務所に訪ねてきた。

rikonbengosi_sp_3.jpg

間宮に依頼があるという。
断ろうとした間宮だったが、警察沙汰になったところを目撃された弱みを握られて断れない。
しかたなく依頼を受けた間宮だったが、話を聞いてみると信じられないような依頼だった。

依頼内容は、遥には1歳の息子がいて出産直後に行方不明になった父親を見つけ出し認知して欲しいというものだった。
しかもその子の父親はハリウッド進出をも果たすような超人気俳優の貴島雄樹(押尾学)だと言う。

rikonbengosi_sp_2.jpg

間宮は貴島相手に認知訴訟を起こすが、貴島はニューヨークにいるため不在。
手も足も出せないかに思われたが先方は代理人を立て、ニューヨークにいる貴島の血液型を調べ証拠として提出した。

ところが「矢吹遥と貴島雄樹の血液型からはA型の子どもは産まれない」という結果内容だった。

rikonbengosi_sp_4.jpg

血液鑑定に偽装工作の可能性があると判断した間宮は、真相を突き止めるためニューヨークへ。
間宮立ち会いの下、再度血液鑑定を行うことに。
ところが、その鑑定結果は…。

rikonbengosi_sp_5.jpg



【感想】
やっぱり天海祐希さんのドラマはハズレがないですね。
スペシャル版も面白かった。

知的で背が高くてカッコいいけど、ちょっとおばちゃん入ってて面白いキャラが最高です。

それと飯島直子さんがハマリ役です。
今回の主役と言っていいくらいの好演。
ふざけてるのか真剣なのかよく分からない矢吹遥がドラマを面白くしていました。

スペシャルだけの出演じゃなくてⅡにも出演させて欲しかった。

あとは渡辺いっけいさんもレギュラー出演させて欲しいと思ったキャラ。
キャメル(佐々木蔵之介)との絡みが笑えました。



[ 2011/06/12 22:44 ] ドラマ 社会派ドラマ | TB(0) | CM(0)
FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。