スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

冬空に月は輝く P&Gパンテーンドラマスペシャル 主演:綾瀬はるか

2004年にフジテレビで放送された綾瀬はるか主演のドラマ。

フジテレビのドラマ脚本の分野で新しい才能を発掘し育てることを目的としたヤングシナリオ大賞と
夢に向って頑張る女性を応援するP&Gパンテーンのコラボレーションによる
P&Gパンテーンドラマスペシャルの第2弾。

脚本:安達奈緒子
出演:綾瀬はるか 佐藤めぐみ 上野なつひ 水川あさみ 沢尻エリカ 石川佳奈

綾瀬はるか初主演ドラマ

huyusora_1.jpg




【あらすじ】
今宮華子(綾瀬はるか)は小さい頃より祖母から弓道を教わっていた。
高校1年生で県大会の個人戦で優勝するほどの実力者になっていたが、祖母が他界した事や生真面目な性格だったことが原因で弓道では「早気(はやけ)」と呼ばれているスランプに陥ってしまう。

huyusora_2.jpg

そんなとき、東京から転校してきた上井江麻(佐藤めぐみ)が弓道部に入部。
弓道を辞めようかと悩む華子を江麻は部活の楽しさを通して引き留める。

進路の悩みや将来の夢を語り合ううちにいつしか2人は親友になっていった。

huyusora_3.jpg

しかし3年生の3学期になるころ、ふとした誤解から2人は仲違いをしてしまう。
大学入試試験も終わり、口も聞かぬまま2人は弓道部最後の行事、卒業生追い出し試合をむかえる。。

huyusora_4.jpg



【感想】
弓道を通して挫折から克服、友情、心の成長・自立を描いた作品。
恋愛要素はなくて、将来のことで迷い悩む時期の友情物語になっています。

挫折、克服、成長というパターンのドラマは、別にスポーツでも勉強でも音楽でも、挫折と克服が設定できれば何でもアリだけど、このドラマは弓道という日本古来の武道なので、厳粛で落ち着いた雰囲気があって、すごく感じのいいドラマでした。

でも一時間の短かいドラマなので淡泊すぎる感じが…。
沢尻エリカさんや水川あさみさんも出演してますけど、セリフもほとんどないし写るのも一瞬だし。

もうちょっとゆったりと観てみたかった。



主役の2人が並んで弓を射るシーンがすごく綺麗で印象的でした。

綾瀬はるかさんは、和風で清楚な役がイメージにピッタリ。
弓道の袴姿がすごく似合っててカッコいいです。

huyusora_5.jpg

親友役の佐藤めぐみさんも素晴らしかった。
主人公の華子が悩んで落ち込んでる場面が多いので暗い感じになりがちなところを、華子とは対照的にその雰囲気をパッと明るく盛り上げてくれる元気なキャラで最高でした。

笑うと子どもみたいに無邪気な可愛い笑顔なのに、怒った顔は迫力があって怖い。
どんな役でもこなせそうな感じの女優さんでした。

huyusora_7.jpg





ホタルノヒカリ 2 主演:綾瀬はるか

2010年に日本テレビ系列で放送されたホタルノヒカリ2です。

出演:綾瀬はるか 藤木直人 向井理 板谷由夏 臼田あさ美

干物女、ついに結婚!?

ホタルノヒカリ 2



【感想】
前作の大ファンなので、どんな展開になるのかすごく楽しみにしてました。
今回は結婚という現実に向けて脱干物女に挑戦。
テーマは干物女の成長。

今回は前回と違って、蛍とぶちょおが恋人同士だし楽しく観れました。
(とても恋人同士には見えないけど…)
しかし前作が良すぎたのか、ちょっとパワーダウン。

水橋文美江さん脚本のドラマは好きなので批判的なことは書きたくないけど、
でも明らかに脚本が悪い気がする…。

蛍のボケ方が非常識すぎてわざとらしく思えました。
あれじゃ「あるある」とはならない。
続編にありがちな、ウケてたキャラを狙いすぎて不自然になっちゃった感があります。

とは言ってみたものの、前作同様癒し系ラブコメには変わりはないので
ホタルノヒカリファンには楽しめるんじゃないでしょうか。

楽天 ユーザーレビューのページ
Amazon ユーザーレビューのページ


【あらすじ】
3年前“干物女”ことOLのホタル(綾瀬はるか)の心は高野部長(藤木直人)
〈心地よい縁側のある一軒家つき〉に落ち着いて、“干物女”は成長した、はずだった……。
しかし!その直後、ホタルはプロジェクトチームの一員として遠く離れた香港に。
部長と離れ離れで仕事に打ち込む日々を送っていたのである。

そして、あれから3年・・・プロジェクトを終えて帰国し、部長のいる第一企画部に配属されたホタルは
さっそくチームの一員として仕事をスタートさせる。

しかし、社内のメンバーも雰囲気もだいぶ様変わりしていた。
一見チャラ男なプランナーの瀬乃(向井理)は「9時5時ってケイヤクだから」ときっかり5時で退社。
社員の美香(臼田あさ美)も「自分の仕事は終わったので」とさっさと帰ってしまう。

そんな中、単なる上司と部下のように仕事する部長とホタル。
二人の成り行きを知る山田姐さん(板谷由夏)と人事部長の二ツ木(安田顕)は二人を見ながら
「男女が3年も離れていれば、以前のようにはいかない」とささやき合う。

「人は3年も経てば変わる。私はあの頃の私とは違う。変わってないのは君だけだ」

部長はホタルを置いて、美しい女性・小夏(木村多江)に会いに行ってしまう。
「自分はこの3年間、何をやっていたんだろう?」
落ち込むホタルは瀬乃と一夜をともにしてしまい----!? (公式サイトより)



【サブタイトル】
第一夜 帰ってきた干物女
第二夜 節約したい干物女
第三夜 ガマンしないと結婚できない
第四夜 干物女のラブラブメール
第五夜 干物女の主婦力
第六夜 結婚白紙!? ほっとく大作戦
第七夜 干物女 秘密のドキドキ
第八夜 干物女の両家顔合わせ
第九夜 チューは突然やってくる!
第十夜 私の知らないぶちょお
最終夜 結婚とは?干物女の決断



主題歌
いきものがかり 「キミがいる」 (エピックレコードジャパン)

[ 2011/04/30 23:49 ] ドラマ コメディ | TB(0) | CM(0)

白夜行 (テレビドラマ版)

2006年に放送された東野圭吾原作のドラマ。
主演は山田孝之、ヒロイン役は綾瀬はるか

TV情報誌「ザテレビジョン」主催の第48回ドラマアカデミー賞では
最優秀作品賞、主演男優、助演男優・女優賞の4冠を達成。

haruka_ayase.jpg



【感想】
原作は東野圭吾の最高傑作と言ったらまず白夜行の名前が挙がるほど人気のある作品。

わたしも東野圭吾さんのファンで原作は読んでたので
ドラマでは、いきなりネタバレから始まったのにはビックリしました。

それに主人公の二人の描写の仕方がまったく違っていて
あまりに原作とかけ離れていることから放送中はファンの間でも物議を醸しました。
この作品は原作を読んだ人と読んでいない人ではだいぶ感想が違うんじゃないかな、と思います。

ドラマのプロローグは原作ではラストシーンですから
原作も読んでみたいな、と思っていらっしゃる方は
ドラマを見るのは後回しにした方がいいと思います。

※以下多少ネタバレを含みます。

原作は物語全体に暗い雰囲気が漂う凄みのある作品で、第三者視点で進んでいきます。
主人公二人の心理描写がまったくと言っていいほどなく、
主人公でありながらつねに影の存在でほとんど表に出てきません。

この二人がなにか事件に関与している、ということに気付いた時にはゾッとしてしまうような描き方になってます。

心理描写がないためか、良心の呵責などは一切感じられず、無表情で冷酷な印象。
特に女性に対しては肉体的苦痛よりも精神的な心の傷を負わせるケースが多く残忍。
怖いくらいに人間の心の闇を描いています。
雪穂怖すぎる。

よく白夜行は純愛というテーマで語られたりしますけど、二人が会ったり話したりする描写は一切ないので、それすら読者の想像でしかないし個人的には純愛などという美しい言葉を使うには犯罪の手口が計算高く陰湿すぎて抵抗があります。

なにしろ原作は純愛と感じる人もいれば雪穂が亮司を利用してるだけだという人もいたり
読み手の受けとり方によっていろいろ違った解釈ができる作品です。
すごく面白い。



ドラマ版の方はというとプロデューサーの意向によりネタバレから始まり
主人公の視点で進行する裏白夜行的な作り方になっています。

原作とは逆に二人は頻繁に会って話をしますし
心理的な部分を中心に描かれていて恋愛要素も含んだ作品に仕上がっています。

二人とも泣き虫で原作のような不気味さもなく、
普通の男女が必要に駆られて犯罪に手を染めていくような感じです。

原作の手法で視聴率をあげるには絵面的にもちょっと地味なような気がするので、
これはこれでしょうがないのかなとも思いますけど、原作の良い部分はなくなってます。

ドラマ版の雪穂や亮司の性格は原作者の東野圭吾さんではなく
ドラマの制作側が作り上げたキャラクターみたいですね。

第三者視点を主人公視点にしたアナザーストーリー的な要素が強いし
ドラマはネタバレから始まるので先に原作を読んでからの方が楽しめると思います。

楽天 レビューページ
Amazon レビューページ


【あらすじ】
初恋の女の子を助けるために実の父親を殺した少年、桐原亮司と
自分を助けてくれた男の子を助けるために母親を殺してしまった少女、唐沢雪穂。
二人の14年間の軌跡。

「愛することが罪だった。会えないことが罰だった」


出演:山田孝之 綾瀬はるか 武田鉄矢 渡部篤郎 柏原崇 西田尚美

【サブタイトル】
第一話 少年はなぜ父を?少女はなぜ母を?14年間の壮大な愛と絶望の物語
第二話 閉ざされた未来に
第三話 さよならの光
第四話 罪と罰
第五話 決別する二人
第六話 白夜の終わり
第七話 美しき亡霊の決意
第八話 泥に咲いた花の夢
第九話 こぼれ落ちた過去
第十話 開く過去の扉
最終話 白夜の果て



原作本




主題歌
柴咲コウ - 影 (ユニバーサルミュージック)

[ 2011/04/30 03:39 ] ドラマ サスペンス | TB(0) | CM(0)

JIN -仁- 第一期

2009年にTBSで放送された大沢たかお主演の歴史ドラマ。
平均視聴率19%、最終回では25.3%(瞬間最高視聴率は29.8%)を記録した大ヒットドラマです。
(この瞬間最高視聴率は2009年に放送された全民放局の連続ドラマ視聴率の中でトップだったそうです)

2010年/日本民放放送連盟賞 テレビドラマ部門最優秀賞受賞。
第4回マイベストTV賞では2位以下の作品に大きく差をつけグランプリを獲得。
TV情報誌「ザテレビジョン」主催の第63回ドラマアカデミー賞で最優秀作品賞、主演男優、
助演男優・女優、監督、脚本、ドラマソングとノミネートしたすべての部門で最優秀賞を受賞。

jin_00.jpg



最終回番宣でのインタビュー風景。
ふたりとも可愛い(笑)



【感想】
現代の脳外科医が幕末にタイムスリップしてしまい、当時ではまったく
想像もできないような知識と医療技術で人々を救うというかなりSF要素の強い作品。

江戸時代なので当然今のような医療機器や薬もなくて、急性硬膜外血腫の手術を
大工道具でやったり、不衛生だし照明もないしで過酷な状況で治療にあたるんですが、
それがどこか現実味があって非現実的な感じを受けさせない作りや設定がスゴイ。

jin_05.jpg

jin_02.jpg

わたしが仁を観てすぐに連想したのはアフリカなどの
難民医療支援に行かれているNGOの医師の方たちで、
機材が少ない、薬も少ない、異質な文化という中で活動をされていて
もしかしたら仁は似たような状況なのかも、と思いながら観ていました。

このドラマがどこかリアリティーに感じられる一番の理由はそのイメージからでしょうか。
江戸時代にタイムスリップなんて設定、よく思いついたなぁと関心してしまいます。
原作の村上もとかさんはスゴイ。

役者さん達の迫真の演技も素晴らしくて、特に坂本龍馬役の内野聖陽さんはハマリ役。

jin_06.jpg



卓越した医療技術で当時の医者達を驚かすシーンはカッコよくて見どころのひとつ。

jin_07.jpg

でも決してスーパーマン的な感じではなくて医術以外は普通の人なのがいいですね。
ちょっとお人好しで普段は頼りない雰囲気だけど患者を前にすると命を賭けて必死に戦う、みたいな。

仲間に支えられ助けられながらなんとかやっていけてる感があって親近感のあるキャラです。

観ていて堅苦しい感じもまったくないし、すごくバランスのいい作品。
ドラマ史上に残る名作だと思います。

楽天市場 JIN-仁-DVD版のレビューページ
Amazon JIN-仁-DVD版のレビューページ



【あらすじ】
脳外科医・南方仁(大沢たかお)は、急患で運ばれてきた身元不明の患者の脳から
胎児の形をした奇形種を摘出する。

jin_03.jpg

その患者は医療用具とホルマリンの瓶に入った奇形種を持ち出し脱走してしまう。

jin_04.jpg

仁は患者を見つけ追いかけるが非常階段で足を踏み外し転落して気を失った。

目を覚ますと辺りは真っ暗な林の中。
するといきなり侍達が日本刀を持って斬り合う場面に出くわした。
なんと仁は1862年(文久2年)の江戸時代にタイムスリップしていたのだった。

未来を変えてしまうかも知れないという危機感を感じながらも医者として人々を救っていく。

日曜劇場 JIN -仁-




【キャスト】
南方仁 : 大沢たかお
橘咲 : 綾瀬はるか
坂本龍馬 : 内野聖陽
野風・友永未来 (2役) : 中谷美紀
緒方洪庵 : 武田鉄矢
佐分利祐輔 : 桐谷健太

【スタッフ】
原作 : 村上もとか
脚本 : 森下佳子
演出 : 平川雄一朗/山室大輔/川嶋龍太郎
プロデューサー : 石丸彰彦/津留正明

【サブタイトル】
第一話 時空を超えた愛と命の感動物語~現代の脳外科医が激動の幕末へ…歴史の針が今、動き出す!!
第二話 命を救う事の悲劇
第三話 未来との決別…
第四話 運命と悲劇の再会
第五話 神に背く薬の誕生
第六話 生きてこそ…
第七話 生きる遺言…
第八話 歴史の針が変わる
第九話 残酷な神の裁定
第十話 坂本龍馬、暗殺…
最終話 タイムスリップの果て…時空を超えた物語が今!!



主題歌
MISIA 「逢いたくていま」 (アリオラジャパン)



[ 2011/04/25 21:56 ] ドラマ 医療ドラマ | TB(0) | CM(0)

ホタルノヒカリ 主演:綾瀬はるか

2007年に日本テレビ系列で放送されたホタルノヒカリです。
「anego」「ハケンの品格」に続く、働く女性をテーマにしたドラマ第3弾

出演:綾瀬はるか 藤木直人 国仲涼子 加藤和樹ほか

オフタイムには頑張りたくない。。
恋愛するより家で寝てたい。
そんな、「干物女」が恋をした!

haruka_ayase_hotaru.jpg


■ホタルノヒカリ CM



【感想】
このドラマは今まで観たものの中ではベスト10に入るくらい大好きで何回も繰り返し観ました。
ひどいときは第一話から見始めて最終回を見終わった直後にまた第一話を再生して
そのまま最終回まで観てしまったこともあるくらい(笑)

主題歌の「横顔」もドラマの雰囲気によくあっていて完全にわたしのツボにハマってしまいました。

特に好きなシーンは二ツ木さんに見つかってしまうシーンとマコトくんに見つかってしまうシーン。
一番好きなシーンは、ぶちょおが蛍を○○○○たあと照れ隠しで「2万…4,580円」というシーン。

あの場面であのセリフがくるとは予想できませんでした。
観ているわたしも思わず「は?」って言っちゃいましたから。
いろいろなシーンが可愛いドラマです。

主演の綾瀬はるかさんは意外にも初の単独での連続ドラマ主演作。
セカチューや白夜行は主演じゃなかったんですね。

ホタルノヒカリの雨宮蛍役は彼女以外考えられないくらいハマリ役だと思います。
綾瀬はるかさんは優しいほわ~っとした雰囲気の女優さんだし声が可愛いからラブコメディはとても似合ってると思います。

やっぱりものすごく評価が良い。
楽天 ユーザーレビューのページ
Amazon ユーザーレビューのページ


【あらすじ】
雨宮蛍(綾瀬はるか)はSWビルドコーポレーション、インテリア事業部で働くOL。
職場ではテキパキと仕事をこなす有能で華やかなOLとして振る舞っているが、
実は家に帰るとビールを飲みながらジャージ姿でゴロゴロしてるのが大好きな干物女だった。

居酒屋で知り合った男性に格安で借りた一軒家で干物ライフを満喫する蛍だったが、
偶然にもなんとそこは蛍の上司、インテリア事業部部長の高野誠一(藤木直人)の実家で
蛍が住んでるとは知らず妻との別居を期に引っ越してきたのだった。

一週間以内に出て行けと言っていた部長だったが蛍の意見を尊重し
「一緒に暮らそう」と会社には内緒での同居生活を始める。

ロンドン帰りのデザイナー、手嶋マコトに恋をした蛍だったが
しばらく恋愛から遠ざかっていたためどうしていいのか分からず悩んでいた。
最初は彼女の干物っぷりに呆れていた部長だったが、
一緒に生活をしているうちに彼女のことを理解するようになり、彼女の恋を応援する。



特典ディスクにはメイキングムービーとスピンオフドラマ「メンズホタルノヒカリ」を収録。

◆ホタルノヒカリ 本編
第一夜 恋愛するより家で寝てたい…干物女が恋をした !?
第二夜 恋をするのも命がけ 干物女とラブメール
第三夜 干物女に恋は無理 !? 失恋ドジョウ掬い
第四夜 干物女、恋も仕事もいっぺんにはムリ !?
第五夜 干物女遂に告白 ! 恋の神様が降りてきた
第六夜 干物女のキス…大切な恋に最大のピンチ
第七夜 腹肉が憎い !! 干物女お泊りデート
第八夜 干物女ついにカミングアウト…その時彼は
第九夜 明日はどっちだ !? 干物まさかの三角関係
最終夜 家で寝てても恋愛できる !? 最強干物女の恋の結末…

◆メンズホタルノヒカリ
第一夜 山田姐さんが怖い !!
第二夜 おれはエロじゃねぇ !!
第三夜 オマエを失いたくない !!
第四夜 小さな男、時々ステーキ。
第五夜 要と仁義なき戦いじゃ !!
第六夜 一ツ木さんと二ツ木さん
第七夜 優華と恋する爆発頭 !!
第八夜 みんな変な人
第九夜 部長VSエロ男
最終夜 干物女VS干物男



主題歌
aiko 「横顔」 (ポニーキャニオン)
[ 2011/04/24 03:10 ] ドラマ コメディ | TB(0) | CM(0)
FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。