スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

離婚弁護士Ⅱ~ハンサムウーマン~ 主演:天海祐希

2005年にフジテレビ系列で放送された法曹モノのドラマ。

脚本:林宏司
出演:天海祐希 瀬戸朝香 佐々木蔵之介 玉川鉄二 津川雅彦 宇梶剛士 片瀬那奈 戸田恵子

rikonbengosi_2_0.jpg



【あらすじ・感想】
離婚弁護士のシリーズ第2弾。

rikonbengosi_2_1.jpg

前作同様、天海祐希さん最高でした。

今回は間宮のライバル的な存在として、やり手のヤメ検弁護士(元検事の弁護士)の佐伯絵里(瀬戸朝香)が登場します。

rikonbengosi_2_2.jpg

離婚問題のスペシャリストで間宮とはタイプの違う優秀な弁護士という役どころ。
間宮vs佐伯の戦いは見どころのひとつです。

もし前作よりも良いと思う部分を挙げろと言われたら瀬戸さんの存在ですね。

事務所のスタッフには新しく受付嬢の緒方亜紀(片瀬那奈)とパラリーガルの小向つや子(戸田恵子)の二人が入り、より賑やかに。

戸田恵子さんが入ったことでコメディ色が増しました、…というよりちょっと騒がしくなってしまった。
このドラマの雰囲気には合ってないかも。

今回は間宮貴子に恋人が出来ます。
ところがその後とんでもないことに…。




【サブタイトル】

第1話 対決!最強弁護士 [婚約不履行 デート商法]

第2話 壮絶慰謝料合戦 [不貞行為 慰謝料]

第3話 離婚詐欺 [離婚理由の詐称]

第4話 夫の土下座 [夫婦財産契約 夫婦関係調停]

第5話 涙の親権争い! [離婚に伴うペットの飼育権問題]

第6話 占いで離婚?! [不動産取引 占いによる詐欺商法]

第7話 絶対別れない女 [離婚請求 認知]

第8話 鉄の女、号泣!! [親権変更]

第9話 え!?不倫弁護士 [クーリングオフ]

第10話 セクハラした女 [セクハラ 不貞行為]

第11話 最後に笑う女 [株取引 不貞行為 地位の回復]



主題歌
星村麻衣 - EVERY

[ 2011/06/13 22:12 ] ドラマ 社会派ドラマ | TB(0) | CM(0)

離婚弁護士スペシャル 主演:天海祐希

2005年にフジテレビで新春スペシャルとして放送された。

脚本:林宏司
出演:天海祐希 飯島直子 押尾学 大杉漣 佐藤隆太 佐々木蔵之介 渡辺いっけい 井上和香 玉川鉄二

rikonbengosi_sp_1.jpg

【あらすじ】
民事の弁護士としても成長を遂げた間宮(天海祐希)の活躍により
間宮貴子法律事務所は家事から企業法務まで幅広く扱う事務所として評判になっていた。

事務所のメンバーは受付嬢がゆかり(井上和香)に変わり、臨時で雇った弁護士・安藤博隆(渡辺いっけい)が新しくスタッフとして加わっていた。

ある日の夜、間宮が年下の恋人・夏木佑介(佐藤隆太)とのトラブルで警察沙汰になったところを学生時代から犬猿の仲だった矢吹遥(飯島直子)に偶然目撃されてしまう。
すると翌日、遥が突然間宮法律事務所に訪ねてきた。

rikonbengosi_sp_3.jpg

間宮に依頼があるという。
断ろうとした間宮だったが、警察沙汰になったところを目撃された弱みを握られて断れない。
しかたなく依頼を受けた間宮だったが、話を聞いてみると信じられないような依頼だった。

依頼内容は、遥には1歳の息子がいて出産直後に行方不明になった父親を見つけ出し認知して欲しいというものだった。
しかもその子の父親はハリウッド進出をも果たすような超人気俳優の貴島雄樹(押尾学)だと言う。

rikonbengosi_sp_2.jpg

間宮は貴島相手に認知訴訟を起こすが、貴島はニューヨークにいるため不在。
手も足も出せないかに思われたが先方は代理人を立て、ニューヨークにいる貴島の血液型を調べ証拠として提出した。

ところが「矢吹遥と貴島雄樹の血液型からはA型の子どもは産まれない」という結果内容だった。

rikonbengosi_sp_4.jpg

血液鑑定に偽装工作の可能性があると判断した間宮は、真相を突き止めるためニューヨークへ。
間宮立ち会いの下、再度血液鑑定を行うことに。
ところが、その鑑定結果は…。

rikonbengosi_sp_5.jpg



【感想】
やっぱり天海祐希さんのドラマはハズレがないですね。
スペシャル版も面白かった。

知的で背が高くてカッコいいけど、ちょっとおばちゃん入ってて面白いキャラが最高です。

それと飯島直子さんがハマリ役です。
今回の主役と言っていいくらいの好演。
ふざけてるのか真剣なのかよく分からない矢吹遥がドラマを面白くしていました。

スペシャルだけの出演じゃなくてⅡにも出演させて欲しかった。

あとは渡辺いっけいさんもレギュラー出演させて欲しいと思ったキャラ。
キャメル(佐々木蔵之介)との絡みが笑えました。



[ 2011/06/12 22:44 ] ドラマ 社会派ドラマ | TB(0) | CM(0)

離婚弁護士 主演:天海祐希

2004年にフジテレビ系列で放送された法曹モノのドラマ。

脚本:田渕久美子 林宏司 武田樹里
出演:天海祐希 玉山鉄二 ミムラ 佐々木蔵之介 津川雅彦 陣内孝則 久我陽子

rikonbengosi_1.jpg

rikonbengosi_2.jpg

【あらすじ】
間宮貴子(天海祐希)は業界大手の大田原総合法律事務所で渉外弁護士としてキャリアを積み、
若手のホープとして法曹界では名の知れた存在だった。

同僚の広澤善之(竹野内豊)を誘い、共に独立する予定だったが
開業初日の朝、間宮が事務所に行くと、事務所には受付嬢の吉田香織(ミムラ)以外誰もいない。
吉田は間宮に、弁護士達から「辞めたい」という連絡があったと告げる。

大田原の妨害工作だと察した間宮はすぐさま大田原総合法律事務所へ向った。
そこで間宮は、大田原総合法律事務所のパートナーへと昇格し、大きな個室を与えられた広澤に会う。
彼に問いただすと「君なら上手くやっていけるよ」とそっけなく返されてしまう。
間宮は、一緒に独立するはずだった広澤の裏切りにショックを受ける。

大田原の妨害に負けるわけにはいかない間宮は新しい弁護士の手配に奔走。
急遽渉外弁護士の柳田俊文(佐々木蔵之介)を雇う。
しかし営業経験のない間宮は新規クライアントを見つけられず、離婚などの家事審判や一般民事事件といった小口案件を扱わざるを得なくなっていってしまう。



【感想】
主演が天海祐希さんだったので、見始めたらハズレはないだろうな、という気はしてたのに
不覚にも離婚弁護士というタイトルにネガティブなイメージを持ってしまって、ずっと観る気にならなかった。

ところが観てみてビックリ。
ネガティブどころかコメディタッチで、かなり面白いドラマだった。

法曹モノなのでお堅い作品なんじゃないかとも思ってたんですが、扱ってる案件が身近な内容で法律を扱ったヒューマンドラマみたいな気楽な感じ。
離婚だ不倫だ慰謝料だストーカーだセクハラだのと暗そうなテーマだけど、結果的には相談者が人生を前向きに生きようとするような内容が多く、楽しく観ることが出来ました。

クライマックスの第10話~最終話は、セクハラやコンプライアンスを題材にした回ですが本当に面白かった。
大田原総合法律事務所時代の元同僚・山岡(陣内孝則)から、願ってもないいい話を持ちかけられてるにも関わらず、その話を蹴って大企業を相手に勝ち目のない闘いを弁護士としての誇りを賭けて挑む姿がすごくカッコよかった。
圧倒的に不利な状況で、先の読めない展開にハラハラしました。

Amazonでのユーザーレビュー





【サブタイトル】

第1話 裏切られた女 [夫婦関係調停]

第2話 慰謝料1億円の女 [慰謝料]

第3話 この子は渡さない [離婚と親権]

第4話 16才と18才の離婚 [結婚可能年齢 不動産取引]

第5話 対決!ストーカー [ストーカー]

第6話 愛と憎しみの遺産相続 [死因贈与契約]

第7話 内縁の妻と本妻 [内縁関係]

第8話 父と娘と不倫の慰謝料 [不貞行為]

第9話 忘れられない男 [失踪宣告]

第10話 セクハラされた女 [セクハラ]

第11話 セクハラ社長 VS 戦う女 [コンプライアンス 解任動議]



主題歌
hitomi 「心の旅人」

挿入歌
ノラ・ジョーンズ 「What Am I to You?」
[ 2011/06/09 22:56 ] ドラマ 社会派ドラマ | TB(0) | CM(0)

医龍2 NG集 Youtube動画



佐々木蔵之介さん最高

[ 2011/06/01 21:30 ] Youtube動画 | TB(0) | CM(0)

秘密

2010年に放送された東野圭吾さん原作のドラマ。

キャスト
杉田藻奈美・直子 - 志田未来
杉田平介 - 佐々木蔵之介
杉田直子(入れ替わり前) - 石田ひかり
梶川幸広 - 吹越満
梶川逸美 - 日向ななみ
橋本多恵子 - 本仮屋ユイカ

himitu.jpg

【あらすじ】
杉田平介は妻・直子と16歳の娘・藻奈美との3人で暮らしていた。
実家に行く為に直子と藻奈美の2人が乗ったスキーバスが崖から転落してしまう。
ニュースを見て平介は病院に駆けつけたが目の前で妻・直子は息を引き取る。
藻奈美はバス転落のさいに直子が身を呈して守ったおかげで外傷もなく奇跡的に助かる。
しかし目を覚ました藻奈美の身体には死んでしまった妻・直子の魂が宿っていたのだった。
外見は藻奈美、人格は直子という状況に二人は戸惑いながら新たな生活を始める・・・



【感想】
夫でもあり父親でもある平介の心境が切ない話です。

東野圭吾原作を映像化したものの中では割と原作に忠実に作ってありますね。
違いはドラマ版では藻奈美は高校生からスタート。
原作では藻奈美は小学生から始まるので平ちゃんはドラマよりも長い年月苦しみます。
藻奈美の中の直子の変化もドラマ版ではちょっと忙しない感じ。

途中母親である直子の言動になにそれ?と憤慨した部分もあるけど、
テーマの「秘密」という部分はよく考えられていて素晴らしい。

ラストのどんでん返しは、平ちゃん可哀相。
ああすることが止まってしまっている二人の時間をすすめる唯一の方法だったのかもとは思うけど、
やっぱり二人の気持ちを考えると切なくなります。

藻奈美の人格が本当に入れ替わっているかのような志田未来さんの自然な演技も見どころ。


第1話 心は38歳、体は16歳の妻
第2話 今夜16才の妻を抱く!!
第3話 16才の妻、同窓会へ!!
第4話 私の記憶が消える日!!
第5話 妊娠!!
第6話 許されない恋の始まり
第7話 妻の恋人
第8話 妻との永遠の別れ…
第9話 運命は妻を二度奪う…そして驚愕最終回!!



主題歌
初音 「つよがりソレイユ」(作詞・作曲:常田真太郎、編曲:十川知司)
FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。