スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画 白夜行 (映画版) 主演:堀北真希 高良健吾 あらすじ・感想

2011年に公開された東野圭吾原作の映画。

監督:深川栄洋
出演:堀北真希 福本史織 高良健吾 今井悠貴 船越英一郎 緑友利恵 姜暢雄 小池彩夢 粟田麗

byakuyakou_eiga_2.jpg

【あらすじ】
昭和55年、密室となった廃ビルの一室で刺殺された遺体が見つかった。
殺されたのは地元で質屋を経営する桐原洋介。
容疑者として桐原の愛人・西本文代(山下容莉枝)とその恋人・寺崎忠夫(宮川一郎太)の名が挙がる。
捜査中、寺崎と文代は事故に遭い事件は被疑者死亡により一応の解決をみる。

数年後、当時10歳だった容疑者西本文代の娘・雪穂(堀北真希)ももう高校生になっていた。
母の死後、遠縁に引き取られ、西村から唐沢へ姓を変えて生活していた。

美人で成績の良かった雪穂はクラスメイトから妬まれるほどの才女へと成長。
その後、大学へいってからもさらに美貌に磨きがかかっていた。
しかし、雪穂の周辺には事件が何度も続発していたのだ。

桐原洋介殺害事件の真相を追い続けていた笹垣刑事は雪穂の存在に気付く。
そしてついに、19年前に起きた事件の背後にある驚愕の真実に辿り着く。



byakuyakou_eiga_1.jpg

【感想】
あれだけの原作を2時間半という短い時間でよくまとめたなぁとちょっと尊敬してしまいました。

さすがに時間が短いので原作みたいな、なんか分からんけど雪穂は怖い、という感じはありませんでしたけどドラマ版とは違って雰囲気もよく出ていて、これぞ白夜行だと思えるような作品でした。

雪穂の心理描写が少なかったのも観る側に想像の余地があって良かった。
雪穂の怖さって感情がなくて何を考えているのか分からないってところがありますから。

観る前は堀北真希さんの幼い顔立ちと可愛い声が雪穂のイメージと違ってたんですが、観てみたらなかなか似合っていました。
桐原亮司役(被害者の息子)の高良健吾さんもハマリ役。

船越英一郎さんは最後までホンボシの桐島さんにしか見えなかったw




[ 2011/08/07 16:05 ] 邦画 サスペンス | TB(0) | CM(0)

クロサギ (ドラマ) 主演:山下智久

2006年にTBS系列で放送されたドラマ。
山下智久の初単独主演作。

2006年のTBS連続ドラマでは平均視聴率No.1を記録するヒット作で、2008年に映画化された。

原作:黒丸 夏原武 (週刊ヤングサンデー連載)
脚本:篠崎絵里子
出演:山下智久 堀北真希 市川結衣 山崎努 加藤浩次 哀川翔 麗菜

kurosagi_0.jpg

【あらすじ】
主人公の黒崎(山下智久)は中学生の時に、フランチャイズチェーン開業詐欺の被害に遭い二億円もの損害を負った父親が追いつめられ一家心中事件を起こし、家族を実の父親に殺される。
黒崎も刺されるが一命をとりとめ、唯一生き残った彼はそれ以来詐欺師を憎み、詐欺師を騙す詐欺師として生きていく。

kurosagi_2.jpg

吉川氷柱(堀北真希)は検事を目指している大学生。
世話になっている叔父が融資詐欺に遭った際、黒崎と出会う。

生真面目な性格の氷柱は最初黒崎の事を軽蔑していたが、黒崎の過去を知り、
関わっていくうちに理解するようになっていく。
本当は心の優しい黒崎に次第に惹かれ好意を抱くようになる。

kurosagi_3.jpg



【感想】

野ブタ。をプロデュースの山下智久さんと堀北真希さんが共演。
山下さんは野ブタの時とはうって変わってクールなカッコいい役柄です。

一話完結なのでいろんな職業やファッションで変装する山Pが見どころ。

騙し取った金は被害者に戻すので、現代版ねずみ小僧みたいな感じです。
ねずみ小僧のような泥棒ではなく、詐欺師なので、
法律の抜け穴を巧みに利用した詐欺の手口に関心させられるような面白さがあります。

詐欺師を好きになって葛藤する氷柱と、詐欺師の世界に一般人を巻き込みたくない黒崎の
二人の微妙な関係に見ててやきもきしました。
強がってみせる堀北さんがとても可愛いです。
第5話での「どうしてあなたは詐欺師なの…」と黒崎に向って氷柱が言うシーンはちょっと泣けた。

詐欺師を騙して金を巻き上げる詐欺師という発想が面白い。
「まいどあり」というセリフは見てて気分がよかった。

kurosagi_1.jpg

詐欺は犯罪なんだけど、騙す相手が犯罪者だし家族を失った悲惨な過去もあるし、
警察になんて捕まって欲しくない、みたいに応援して見てました。

ラストの方では黒崎に逮捕状が下り、父親を騙した張本人の御木本との対決など
クライマックスも盛り上がり方が半端ないです。

Amazonでのユーザーレビュー




【サブタイトル】

第一話 : 詐欺師を騙す詐欺 (財団融資詐欺)

第二話 : 親友の姉は結婚詐欺 (結婚詐欺)

第三話 : 5千万ダイヤの行方 (宝石詐欺)

第四話 : 最強の敵 黒崎ピンチ (大企業詐欺)

第五話 : 恋人の父親を騙し返せるか? (ブランド詐欺)

第六話 : ライバル神志名刑事の過去 (共済組合詐欺)

第七話 : 老人を騙す霊能力詐欺と対決 (霊感商法詐欺)

第八話 : 欠陥住宅詐欺の恨み (欠陥住宅詐欺)

第九話 : 元女優の詐欺師と演技比べ (なりすまし詐欺)

第十話 : 黒崎に逮捕状 (通信販売詐欺)

最終話 : さよなら黒崎 (フランチャイズチェーン開業詐欺)



主題歌

抱いてセニョリータ (初回限定盤DVD付) : 山下智久

[ 2011/06/12 16:31 ] ドラマ サスペンス | TB(0) | CM(0)

東京大空襲 第一夜 受難 / 第二夜 邂逅 主演:堀北真希

2008年に日本テレビ開局55周年記念番組として二夜連続で放送された戦争ドラマ。
「東京大空襲」を、テレビ史上かつてない空前のスケールで映像化した作品。

出演:堀北真希 藤原竜也 瑛太 柴本幸 国仲涼子 舘ひろし 岸谷五朗 真矢みき 黒谷友香 荒川ちか

bombing of tokyo_1


この曲を聴くだけで泣けてきます。

bombing of tokyo_2

【あらすじ】
1942年の東京。
父と二人暮しの桜木晴子(堀北真希)は、空襲で建物の下敷きになった父親を助けようとする。
炎のなかに飛び込もうとする晴子を止めたのが、大場博人(藤原竜也)だった。

2年後、看護婦として働く晴子の病院に、心臓発作で博人が担ぎこまれる。
博人は生まれつき心臓が悪く、出征がかなわない若者。
最初は父を助けられなかったことで博人を恨みに思う晴子だが、次第に二人は心を通わせていく。
強く生きようとする二人だが、1945年の3月10日、東京大空襲に巻きこ込まれる……。



【感想】
すごく泣きました。

生き残るために助け合いながら必死で逃げて
それでもどうしようもなくて、みんなみんな死んでいくのが悲しかった。
戦争の残酷さをまざまざと見せつけたドラマです。

語り継がなくてはならない歴史のひとつだと感じました。

bombing of tokyo_3

日本焦土化作戦の立案者カーチス・ルメイは、単に民家を狙っただけではなく
わざわざ最初に河川沿いを火の海にして住民の退路を断ち、逃げ場を失ったところを爆撃しました。
言うならばみな殺し作戦です。

燃え広がりやすい風の強い日を選んだのも効率的に殺すため。
たった2時間半ほどで十万人とも言われる人が亡くなったのはこういう鬼畜な作戦だったからです。

男は戦争でいないから住民のほとんどはお年寄りと女性や子どもだったのです。
それでもアメリカは容赦なく殺戮を繰り返しました。
日本政府に対して降伏を促すのが目的だったと言うが、はたしてここまでやる必要があったのか。

東京、名古屋、大阪、神戸みたいな大都市だけじゃなく
比較的人口の多い地方の都市もことごとく空襲されました。

わたしの故郷も工業都市だったので5回の空襲を受け焼け野原になったそうです。
カーチス・ルメイはすでに亡くなってますが、たとえ死んだ人間でも許せません。

そのカーチス・ルメイに勲一等旭日大綬章という勲章を授与した日本政府にも呆れます。
アメリカ政府がウサマ・ビンラディンに勲章を与えるようなもんです、あり得ません。

こういう悲惨な事が実際にあったんだという事を絶対に忘れてはいけないと思います。
残酷な戦争というものを後生に伝える意味でもたくさんの人に観てもらいたいドラマだと思いました。

楽天 ユーザーレビューのページ
Amazon ユーザーレビューのページ





[ 2011/05/29 04:38 ] ドラマ 戦争ドラマ | TB(0) | CM(0)

篤姫 (NHK大河ドラマ)主演:宮崎あおい

2008年にNHKで放送された大河ドラマ(47作目)。

原作・宮尾登美子
脚本・田渕久美子
音楽・吉俣良
主演・宮崎あおい

atuhime_1.jpg

atuhime_2.jpg

【あらすじ】

幕末から明治へ。

「明治維新」という未曾有の大変革に向け、日本が激しく揺れ動いた時代。
その時代をまっすぐにひたむきに生きた一人の女性がいた。

南国の日差しに包まれ桜島に見守られながら育った彼女は、
のちに江戸の町を戦火から救うことになります。

その人の名は、篤姫。

薩摩藩島津家の分家の娘から徳川13代将軍・家定の御台所となり、
江戸城無血開城に大きな役割を果たした篤姫の波瀾万丈の一代記。



【感想】

わたしは歴史に疎くてあまり興味もなかったので大河ドラマは観たことがありませんでした。
なんとなく「篤姫」というタイトルのかっこよさに惹かれて見始めたんですけど
観てみようという気になってホントによかった。
こんな面白い作品を見逃すところだった。

歴史的なことや用語には途中途中で分かりやすい解説が入る作りになっていて
まったく時代劇を観ないわたしでも時代劇調のセリフや歴史の移り変わりに
戸惑うこともなく観ることが出来ました。

この人が江戸時代に何をやった人かも知らないで観たんですが
まさか篤姫が将軍家に嫁ぐ話だなんて思いもよらず、
最初の方は薩摩のおてんば娘の立身出世物語として楽しむことが出来たので、
篤姫のことを知らずに観て逆によかったかも。



豪華なキャスティングで、大奥の華やかな衣装がすごく綺麗。
和宮役の堀北真希さんなんてお雛様みたいですごく可愛い。

篤姫の教育係、大奥では篤姫付きの御年寄として仕えた
幾島役の松坂慶子さんはスゴイ迫力。

あとこのドラマで存在感を出していたのが13代将軍家定役の堺雅人さん。
暗愚を装う将軍の役ですが、たまに見せる真剣な表情にゾクゾクさせられました。

ジェネラル・ルージュの凱旋を観たときも思いましたが、何気に存在感のある俳優さんですね。

主演の宮崎あおいさんは映画「NANA」のハチや、ドラマ「ちょっと待って、神様」みたいな
可愛いイメージしかなかったので、こんな堅い役柄なのにすごく似合っていて驚きました。
薩摩の天真爛漫な娘から将軍御台所篤姫、大奥の統率者大御台所天璋院へと変わっていく様は圧巻。

可憐で明るい於一(おかつ)、優雅で艶やかな篤姫、風格・威厳のある天璋院。
同一人物が演じてるなんて思えないくらい幅のある演技です。

気品のある穏やかな落ち着いた雰囲気の表情、気高く威厳のある立ち振る舞いは
とても22歳が演じてるなんて思えません。
特に天璋院が安藤信正を叱責するシーンは迫力。

歴史にも興味がなく時代劇なんてまったく観ないわたしがこんなにハマるなんて思いませんでした。
すごく面白い作品です。

楽天 篤姫 第壱集 レビューページ
楽天 篤姫 第弐集 レビューページ
アマゾン 篤姫 第壱集 レビューページ
アマゾン 篤姫 第弐集 レビューページ





【本篇ディスク特典】
「DVDオリジナルインタビュー集 ~篤姫とともに生きた日々~」(20分)
出演:宮崎あおい 松坂慶子 樋口可南子 堺雅人 瑛太 小澤征悦 原田泰造

原作 宮尾登美子「天璋院篤姫」
脚本 田渕久美子
音楽 吉俣良
制作統括 佐野元彦
プロデューサー 屋敷陽太郎
演出 佐藤峰世 岡田健 渡邊良雄 堀切園健太郎 上杉忠嗣 松川博敬
語り 奈良岡朋子

【サブタイトル】
第1回 天命の子
第2回 桜島の誓い
第3回 薩摩分裂
第4回 名君怒る
第5回 日本一の男
第6回 女の道
第7回 父の涙
第8回 お姫様教育
第9回 篤姫誕生
第10回 御台所への決心
第11回 七夕の再会
第12回 さらば桜島
第13回 江戸の母君
第14回 父の願い
第15回 姫、出陣
第16回 波乱の花見
第17回 予期せぬ縁組み
第18回 斉彬の密命
第19回 大奥入城
第20回 婚礼の夜
第21回 妻の戦
第22回 将軍の秘密
第23回 器くらべ
第24回 許すまじ、篤姫
第25回 母の愛憎
第26回 嵐の建白書
第27回 徳川の妻
第28回 ふたつの遺言
第29回 天璋院篤姫
第30回 将軍の母
第31回 さらば幾島
第32回 桜田門外の変
第33回 皇女和宮
第34回 公家と武家
第35回 疑惑の懐剣
第36回 薩摩か徳川か
第37回 友情と決別
第38回 姑の心 嫁の心
第39回 薩摩燃ゆ
第40回 息子の出陣
第41回 薩長同盟
第42回 息子の死
第43回 嫁の決心
第44回 龍馬死すとも
第45回 母からの文
第46回 慶喜救出
第47回 大奥の使者
第48回 無血開城
第49回 明治前夜の再会
最終回 一本の道



オリジナル・サウンドトラック



[ 2011/05/07 00:27 ] ドラマ 大河ドラマ | TB(0) | CM(0)
FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。