スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

怨み屋本舗スペシャル 家族の闇/モンスター・ファミリー

2008年にテレビ東京系列で放送された木下あゆ美主演のテレビドラマ。

原作:栗原正尚(ビジネスジャンプで連載)
脚本:川嶋澄乃
出演:木下あゆ美 寺島進 竹財輝之助 葵 前田健 吹越満 馬渕英俚可 三浦理恵子 美山加恋

uramiya_sp1_1.jpg


Youtube動画


【あらすじ】
パチンコ中毒の主婦、坂下ミドリ(馬渕英俚何)は、意図的に幼い息子を炎天下のクルマに置き去りにして殺害する。

uramiya_sp1_3.jpg

uramiya_sp1_2.jpg

浮気相手の大久保ユウヤと結婚するために子どもが邪魔だったのだ。

最初は警察に捕まると反対した大久保だったが、たいした罪にならない事や保険金の500万が下りるという説明を聞くとすぐに納得してしまう。

不幸な事故だと思っていたミドリの夫、坂下守(吹越満)は保険金目当てで意図的に殺した事実を知ると、怨み屋(木下あゆ美)にミドリの実質的殺害と大久保の社会的抹殺を依頼する。

uramiya_sp1_11.jpg



一方、東京・あけぼの市の白川家では、医師の国家試験に落ちひきこもりになっていたタカヒコ(竹山隆範)が父親を殺害。
この家を支配すると宣言し、暴れるようになっていた。

uramiya_sp1_12.jpg

uramiya_sp1_7.jpg

タカヒコの姉、由紀(三浦理恵子)の10歳になる娘、美咲(美山加恋)にも危害を加えるようになっていたため、由紀は怨み屋にタカヒコの殺害を依頼する。

uramiya_sp1_13.jpg



【感想】
あいかわらず木下あゆ美さんの艶美で妖しい雰囲気が最高でした。

uramiya_sp1_8.jpg

uramiya_sp1_5.jpg

内容は、サブタイトルのモンスター・ファミリーという言葉どおり、家族同士で依頼人と復讐の対象者になる展開。

スペシャル版は第一作の続編になっていて細かい部分のエピソードが繋がっています。
REBOOTに進む前にスペシャルの2作を観るのは必須。

※ネタバレを含みます

DVD版はTV版とエンディングが少し違ってDVDオリジナルのエンディングになっています。
(TV版のエンディングも収録されています)
TV版は最後に寄木警部が登場して終りますが、DVD版のエンディングでは寄木警部(きたろう)は死んでしまいます。
REBOOTでまた寄木警部は登場するのでTV版の終わり方の方が流れとしては自然ですね。

今回は十二月田(前田健)が活躍。
対象者に同情して「タカヒコはどうしても死ななくてはいけないんですか…」「怨み屋本舗は正義の味方じゃないんですか?」とかマトモな事を言って泣きます。
常にクールな怨み屋も初めて会った時は目を丸くして後ずさりするくらい気持ち悪い強烈なキャラだったけど、だんだん普通になっていってる…。

uramiya_sp1_10.jpg






エンディングテーマ
SunMin - 「Another wish」

[ 2011/06/29 20:15 ] ドラマ サスペンス | TB(0) | CM(0)

怨み屋本舗(ドラマ) 主演:木下あゆ美 ダークな現代の必殺仕事人

2006年にテレビ東京系列の深夜枠で放送された木下あゆ美主演のドラマ。

原作:栗原正尚(ビジネスジャンプで連載)
脚本:川嶋澄乃
出演:木下あゆ美 寺島進 竹財輝之助 葵 前田健 きたろう

uramiya_1.jpg

uramiya_2.jpg



【感想】
内容は怨みを持つ人間から依頼を受けて、多額の報酬と引き換えに対象者の「社会的抹殺・実質的殺害」を請け負うという現代版の必殺仕事人という感じ。

uramiya_4.jpg

でもこのドラマの面白いのは、仕事人みたいにただ単純に殺すのではなくて、犯人の手口を真似て被害者が受けた苦痛と同じ苦しみを与えたり、加害者に偽の情報を与えて仲間割れをさせて同士討ちさせたり人間の欲や傲慢を利用して自滅するように仕向けたり、暴力による制裁を加えないで破滅させるところ。

特に第一話での「社会的抹殺」の方法が想像を絶する手段で、恐ろしかった。

第四話「十代の暴走」は、PG-12指定があってもよさそうなくらい。
この回は昔の女子高生コンクリート詰め殺人事件を思い出しました。

どんなに残虐な犯罪でも未成年者という理由だけでたいした罪にはならないっておかしいでしょ…。
法的には拉致・監禁・強姦・殺人しても精神的に未熟なんだからしょうがない、大目に見てやるかって解釈なんでしょうかねぇ。

なかには、筋骨隆々のホモを使って犯人の男を無理矢理押さえつけて強姦するという笑える復讐方法も。
これは見ててスカッとしました。



主演の木下あゆ美さんは今まで知らない女優さんだったのですが凄いです!
妖艶という言葉が似合いすぎ!

uramiya_3.jpg

表情といい雰囲気といい声といい、木下あゆ美さんのほかに「怨み屋」が似合いそうな女優さんを想像してみたけどまったく思い当たりませんでした。

uramiya_10.jpg

まさにハマリ役。

白夜行の雪穂役とか想像するだけですごく似合いそう。
もっともっと色んなドラマに出演して欲しい。もったいない。

情報屋役の寺島進さん。

uramiya_9.jpg

怨み屋の工作員、シュウ役の竹財輝之助さん

uramiya_5.jpg

怨み屋の工作員、十二月田(前田健)は強烈なキャラ。

uramiya_8.jpg

最初は依頼者だったが報酬を払えず、のちに工作員として働くことになった女子高生の杉河里奈(葵)

uramiya_7.jpg






【サブタイトル】

第1話 怨みの方程式

第2話 失わない男

第3話 イヤな女

第4話 十代の暴走

第5話 ストーカーvs十二月田

第6話 女郎蜘蛛

第7話 踏み台人生

第8話 ハートキャッチャー

第9話 怨念のレベル

第10話 過去を喰う男

第11話 特権階級

最終話 怨み屋の正体


[ 2011/06/27 00:09 ] ドラマ サスペンス | TB(0) | CM(0)
FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。