スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

広島・昭和20年8月6日 涙そうそうプロジェクト 主演:松たか子

2005年にTBS系列で放送された戦争ドラマ。
TBS開局50周年記念企画、涙そうそうプロジェクト第一弾。

脚本:遊川和彦
出演:松たか子 加藤あい 長澤まさみ 冨浦智嗣 西田敏行 国分太一 玉山鉄二 甲本雅裕 深田あき

2006年日本民間放送連盟・民放連賞・番組部門・最優秀作品。

hiroshima_1.jpg



【あらすじ】
2005年の夏、広島平和記念公園。
ある老紳士(西田敏行)が修学旅行の高校生たちに、アメリカが広島に原爆を投下するに至った軍事史を語っていた。

少年の一人が話に飽きた様子で携帯電話をイジリ始めたので、老紳士は少年に「飽きたか?」とたずねる。
すると「ああ、学校で習った」と素っ気ない態度。

それじゃあと老紳士は教科書に載っていない60年前の広島のことを語り始める。。。

hiroshima_2.jpg



【感想】
戦時下の広島で懸命に生きていた彼女たちが原爆を落とされて死んでしまうまでの20日間を描いた作品。

このドラマは怒りよりも虚しさや寂しさを感じさせるドラマでした。
なぜなら原爆によって多くの人が苦しんでいるような悲惨な状況はまったく描かれておらず、
人生をあっけなく奪われてしまった悲劇を描いた作品だったからです。

幸せに暮らしている人々が一瞬で消し去られてしまうという落差を強調したかったためか、
街の様子も活気に満ちて明るく、主人公の家族も戦時中にしては裕福な生活をしていてます。

ストーリーの大半は各々が悩みを抱えつつも幸せになりたいと願い、懸命に生きている姿を描いた人間ドラマになっていて、戦争による悲惨さは感じません。

hiroshima_3.jpg


そして、やっと希望が見え始めたなぁと思ったところで8月6日の朝を迎えます。

hiroshima_5.jpg

「いってきます」「いってらっしゃい」と家族を見送り、普段と変わらない明るい朝の風景が一瞬でどす黒いシーンに変わり果てる様は凄まじいものを感じました。

原爆投下のシーンまで悲惨なシーンがなかったぶん、投下後のたった2分のシーンが恐ろしく悲惨に見え、戦争によって人が殺されるという描写ではなく、人が消し去られてしまったという描写は原爆の恐ろしさを物語っていました。

命だけじゃなく、願いとか希望といった心までも消し去られてしまったような、そんな虚しさの残る作品でした。

エンドロールは被爆者の痛々しい映像が流れるのでちょっと子どもには見せられない感じですが、本編には原爆を扱った作品にも関わらずグロテスクなシーンがほとんどありませんから夏休みに道徳の一環として子どもと一緒に観てもいいような作品だと思います。

他の方のレビュー(Amazon)






[ 2011/07/18 12:51 ] ドラマ 戦争ドラマ | TB(0) | CM(0)

僕たちの戦争 主演:森山未來 戦争ドラマの名作

2006年にTBSで放送されたスペシャルドラマ。
2003年の「さとうきび畑の唄」、2005年の「広島・昭和20年8月6日」に続く戦争をテーマにした作品。

原作:荻原浩「僕たちの戦争」(双葉社刊)
脚本:山元清多
出演:森山未來 上野樹里 内山理名 浅利陽介 玉山鉄二 古田新太 麻生祐未 桐谷健太 樹木希林

2007年アジア・テレビジョン・アワード、シングルドラマ部門で最優秀賞を受賞。

tbs_bokutachino_1.jpg

【あらすじ】
平成17年、夏。
尾島健太(森山未來)は海にサーフィンをしに行った。
パドリングを始め、沖の方へ進んでいく。

ところが予想を超える大きな波が押し寄せ、健太は波に呑まれてしまう。

気がつくと、健太は海岸に打ち上げられていた。
クルマに戻ろうとしたがクルマが見あたらない。
浜辺を抜け出てみると、そこは見たことのない風景で、辺り一面に水田が広がっていた。

tbs_bokutachino_2.jpg

猛烈な喉の渇きに水を求め、あぜ道をフラフラと彷徨っていると、一軒の民家を見つける。
庭になっていたザクロに手を伸ばし取ろうとしたが足を滑らせてしまい気を失ってしまった。

気がつくと、健太はその民家の住人に助けられていた。
カレンダーを見ると昭和19年。

tbs_bokutachino_6.jpg

健太は太平洋戦争真っ只中の過去にタイムスリップしていたのだった。

健太は憲兵に見つかってしまい、吾一という人物に間違われ霞ヶ浦海軍航空隊に連れて行かれる。
そして数日後、特攻隊員として出兵することが決まってしまうのだった…。

tbs_bokutachino_5.jpg

tbs_bokutachino_10.jpg




一方昭和19年、夏。
健太と瓜二つの青年、石庭吾一(森山未來)は霞ヶ浦予科練で飛行訓練をしていた。
訓練中雷雨に遭遇し、吾一の乗った訓練機は操縦不能に陥り海に墜落。

気がつくと、吾一は病院のベッドの上だった。
見慣れない周りの様子に戸惑う吾一。
窓から外を見ると、そこには見たこともない建物が建ち並んでいた。

tbs_bokutachino_3.jpg

tbs_bokutachino_4.jpg

吾一は平成17年の現代にタイムスリップしていたのだった。

吾一は健太という人物に間違われ、訳の分からないまま健太の家に住むことに。
健太の部屋を物色してるうちに吾一は自分が未来に来てしまったことに気付く。
日本史で吾一は日本が太平洋戦争で敗戦していたことを知る。

tbs_bokutachino_11.jpg



何かの偶然で時空の歪みに巻き込まれ、立場が入れ替わってしまった現在と過去の若者が、その状況下でどう変わっていくのか。

戦時中の若者に現代の日本はどう映るのか。
そして、現代の若者に戦時中の日本はどう映るのか。



【感想】
戦争ものですが、過去と未来の人間が入れ替わるという設定が面白くて、タイムスリップした彼等がカルチャーショックを受けて戸惑う姿がコミカルで、堅苦しさは皆無でした。

昭和19年から現代に来た吾一は現代の街並みやテレビを見て驚いたり、積極的な女の子にどぎまぎしたり、逆に過去に行った健太が質素な食事に唖然としてたりして、タイムスリップもの独特の面白さがあります。

現代と過去が交互に入れ替わりながらサクサクとテンポ良くストーリーが進むので2時間があっという間でした。

健太の方の物語は、太平洋戦争末期の特攻隊の話なので物語が進むにつれてどんどんシリアスになっていきます。
毎日をぐうたらに過ごしてきた若者が、ある人を守るため命を賭ける決意をするシーンはすごく感動的。

このドラマの場合、他の太平洋戦争もののドラマと違って「教科書でしか戦争を知らない現代の若者」が命を賭けるので、もし自分だったら…と想像して観てしまって涙が止まらなくなりました。

隠れた名作だと思います。



[ 2011/06/29 02:02 ] ドラマ 戦争ドラマ | TB(0) | CM(0)

クロサギ (ドラマ) 主演:山下智久

2006年にTBS系列で放送されたドラマ。
山下智久の初単独主演作。

2006年のTBS連続ドラマでは平均視聴率No.1を記録するヒット作で、2008年に映画化された。

原作:黒丸 夏原武 (週刊ヤングサンデー連載)
脚本:篠崎絵里子
出演:山下智久 堀北真希 市川結衣 山崎努 加藤浩次 哀川翔 麗菜

kurosagi_0.jpg

【あらすじ】
主人公の黒崎(山下智久)は中学生の時に、フランチャイズチェーン開業詐欺の被害に遭い二億円もの損害を負った父親が追いつめられ一家心中事件を起こし、家族を実の父親に殺される。
黒崎も刺されるが一命をとりとめ、唯一生き残った彼はそれ以来詐欺師を憎み、詐欺師を騙す詐欺師として生きていく。

kurosagi_2.jpg

吉川氷柱(堀北真希)は検事を目指している大学生。
世話になっている叔父が融資詐欺に遭った際、黒崎と出会う。

生真面目な性格の氷柱は最初黒崎の事を軽蔑していたが、黒崎の過去を知り、
関わっていくうちに理解するようになっていく。
本当は心の優しい黒崎に次第に惹かれ好意を抱くようになる。

kurosagi_3.jpg



【感想】

野ブタ。をプロデュースの山下智久さんと堀北真希さんが共演。
山下さんは野ブタの時とはうって変わってクールなカッコいい役柄です。

一話完結なのでいろんな職業やファッションで変装する山Pが見どころ。

騙し取った金は被害者に戻すので、現代版ねずみ小僧みたいな感じです。
ねずみ小僧のような泥棒ではなく、詐欺師なので、
法律の抜け穴を巧みに利用した詐欺の手口に関心させられるような面白さがあります。

詐欺師を好きになって葛藤する氷柱と、詐欺師の世界に一般人を巻き込みたくない黒崎の
二人の微妙な関係に見ててやきもきしました。
強がってみせる堀北さんがとても可愛いです。
第5話での「どうしてあなたは詐欺師なの…」と黒崎に向って氷柱が言うシーンはちょっと泣けた。

詐欺師を騙して金を巻き上げる詐欺師という発想が面白い。
「まいどあり」というセリフは見てて気分がよかった。

kurosagi_1.jpg

詐欺は犯罪なんだけど、騙す相手が犯罪者だし家族を失った悲惨な過去もあるし、
警察になんて捕まって欲しくない、みたいに応援して見てました。

ラストの方では黒崎に逮捕状が下り、父親を騙した張本人の御木本との対決など
クライマックスも盛り上がり方が半端ないです。

Amazonでのユーザーレビュー




【サブタイトル】

第一話 : 詐欺師を騙す詐欺 (財団融資詐欺)

第二話 : 親友の姉は結婚詐欺 (結婚詐欺)

第三話 : 5千万ダイヤの行方 (宝石詐欺)

第四話 : 最強の敵 黒崎ピンチ (大企業詐欺)

第五話 : 恋人の父親を騙し返せるか? (ブランド詐欺)

第六話 : ライバル神志名刑事の過去 (共済組合詐欺)

第七話 : 老人を騙す霊能力詐欺と対決 (霊感商法詐欺)

第八話 : 欠陥住宅詐欺の恨み (欠陥住宅詐欺)

第九話 : 元女優の詐欺師と演技比べ (なりすまし詐欺)

第十話 : 黒崎に逮捕状 (通信販売詐欺)

最終話 : さよなら黒崎 (フランチャイズチェーン開業詐欺)



主題歌

抱いてセニョリータ (初回限定盤DVD付) : 山下智久

[ 2011/06/12 16:31 ] ドラマ サスペンス | TB(0) | CM(0)

闇金ウシジマくん 主演:山田孝之

2010年に毎日放送の制作によりドラマ化。
MBS・TBS系列で深夜枠に一話30分という構成で放送された。
全9話。

出演:山田孝之 片瀬那奈 崎本大海 やべきょうすけ

usijima.jpg

【あらすじ】
違法な金利でカネを貸し付ける闇金業者「カウカウ・ファイナンス」社長・丑嶋(山田孝之)のもとには、
もう他の金融機関で借りられなくなった「あとがない」客たちが、連日窮状を訴えに詰めかける。
一方、債務者に対する丑嶋たちの積極的な取り立ても途絶えなく毎日続いていた。

そんなある日、AV女優だった大久保千秋(片瀬那奈)は、故郷の親に心配をかけないために
正社員の職を探しているなか、カウカウ・ファイナンスに辿り着く。
丑嶋が千秋に出した入社試験は、事務所で正座させられている客を「パンツ一枚にしている理由は」という問題。

千秋は無事入社試験に合格し、カウカウ・ファイナンスに迎えられた。
それは千秋にとって丑嶋たちとともに体験するあまりにも刺激的な日々の始まりだった。

彼女が最初に関わった客は、世間をなめた漫画家志望のフリーター・池田(尾上寛之)だった。
池田はコンビニでアルバイトをしながら漫画家を目指すが、
次第に執筆時間が減り、パチスロへとのめり込んでいく。

「いつか、きっと・・・」と思いながらも借金は膨らみ、
ついには闇金融であるカウカウ・ファイナンスにやってくることになったのだ…。(公式サイトより)





【感想】
一話30分の短編ドラマですが、作りがしっかりしていてテンポがいいです。

わたしは原作を読んでいないんですけど、ウシジマくんの「くん」が愛嬌のあるタイトルで
凄みはあるけど童顔の山田孝之さんのイメージになんとなく合ってるなって感じがしました。

最近こういう凄みのある役をやられるのが増えましたけど
気弱で優しい役よりも似合ってる感じがします。



普通の(ちょっと普通ではないかも…)OLやサラリーマンがどんどん
深みにハマっていく様は見ていてお金って怖いなと。
10日で5割は極端だけど現実に闇金なるものは存在するわけで、
実際にも似たようなことが起きてるのかな、と思ったら
自分もお金にはしっかりしないとな~と考えさせられました。

教育上良くなさそうな内容に見えるんだけど、
安易にお金を借りる怖さを知るうえでも逆に高校生とかにも観て欲しいドラマですね。


[ 2011/05/02 02:06 ] ドラマ 社会派ドラマ | TB(0) | CM(0)

JIN -仁- 第一期

2009年にTBSで放送された大沢たかお主演の歴史ドラマ。
平均視聴率19%、最終回では25.3%(瞬間最高視聴率は29.8%)を記録した大ヒットドラマです。
(この瞬間最高視聴率は2009年に放送された全民放局の連続ドラマ視聴率の中でトップだったそうです)

2010年/日本民放放送連盟賞 テレビドラマ部門最優秀賞受賞。
第4回マイベストTV賞では2位以下の作品に大きく差をつけグランプリを獲得。
TV情報誌「ザテレビジョン」主催の第63回ドラマアカデミー賞で最優秀作品賞、主演男優、
助演男優・女優、監督、脚本、ドラマソングとノミネートしたすべての部門で最優秀賞を受賞。

jin_00.jpg



最終回番宣でのインタビュー風景。
ふたりとも可愛い(笑)



【感想】
現代の脳外科医が幕末にタイムスリップしてしまい、当時ではまったく
想像もできないような知識と医療技術で人々を救うというかなりSF要素の強い作品。

江戸時代なので当然今のような医療機器や薬もなくて、急性硬膜外血腫の手術を
大工道具でやったり、不衛生だし照明もないしで過酷な状況で治療にあたるんですが、
それがどこか現実味があって非現実的な感じを受けさせない作りや設定がスゴイ。

jin_05.jpg

jin_02.jpg

わたしが仁を観てすぐに連想したのはアフリカなどの
難民医療支援に行かれているNGOの医師の方たちで、
機材が少ない、薬も少ない、異質な文化という中で活動をされていて
もしかしたら仁は似たような状況なのかも、と思いながら観ていました。

このドラマがどこかリアリティーに感じられる一番の理由はそのイメージからでしょうか。
江戸時代にタイムスリップなんて設定、よく思いついたなぁと関心してしまいます。
原作の村上もとかさんはスゴイ。

役者さん達の迫真の演技も素晴らしくて、特に坂本龍馬役の内野聖陽さんはハマリ役。

jin_06.jpg



卓越した医療技術で当時の医者達を驚かすシーンはカッコよくて見どころのひとつ。

jin_07.jpg

でも決してスーパーマン的な感じではなくて医術以外は普通の人なのがいいですね。
ちょっとお人好しで普段は頼りない雰囲気だけど患者を前にすると命を賭けて必死に戦う、みたいな。

仲間に支えられ助けられながらなんとかやっていけてる感があって親近感のあるキャラです。

観ていて堅苦しい感じもまったくないし、すごくバランスのいい作品。
ドラマ史上に残る名作だと思います。

楽天市場 JIN-仁-DVD版のレビューページ
Amazon JIN-仁-DVD版のレビューページ



【あらすじ】
脳外科医・南方仁(大沢たかお)は、急患で運ばれてきた身元不明の患者の脳から
胎児の形をした奇形種を摘出する。

jin_03.jpg

その患者は医療用具とホルマリンの瓶に入った奇形種を持ち出し脱走してしまう。

jin_04.jpg

仁は患者を見つけ追いかけるが非常階段で足を踏み外し転落して気を失った。

目を覚ますと辺りは真っ暗な林の中。
するといきなり侍達が日本刀を持って斬り合う場面に出くわした。
なんと仁は1862年(文久2年)の江戸時代にタイムスリップしていたのだった。

未来を変えてしまうかも知れないという危機感を感じながらも医者として人々を救っていく。

日曜劇場 JIN -仁-




【キャスト】
南方仁 : 大沢たかお
橘咲 : 綾瀬はるか
坂本龍馬 : 内野聖陽
野風・友永未来 (2役) : 中谷美紀
緒方洪庵 : 武田鉄矢
佐分利祐輔 : 桐谷健太

【スタッフ】
原作 : 村上もとか
脚本 : 森下佳子
演出 : 平川雄一朗/山室大輔/川嶋龍太郎
プロデューサー : 石丸彰彦/津留正明

【サブタイトル】
第一話 時空を超えた愛と命の感動物語~現代の脳外科医が激動の幕末へ…歴史の針が今、動き出す!!
第二話 命を救う事の悲劇
第三話 未来との決別…
第四話 運命と悲劇の再会
第五話 神に背く薬の誕生
第六話 生きてこそ…
第七話 生きる遺言…
第八話 歴史の針が変わる
第九話 残酷な神の裁定
第十話 坂本龍馬、暗殺…
最終話 タイムスリップの果て…時空を超えた物語が今!!



主題歌
MISIA 「逢いたくていま」 (アリオラジャパン)



[ 2011/04/25 21:56 ] ドラマ 医療ドラマ | TB(0) | CM(0)
FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。