スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

広島・昭和20年8月6日 涙そうそうプロジェクト 主演:松たか子

2005年にTBS系列で放送された戦争ドラマ。
TBS開局50周年記念企画、涙そうそうプロジェクト第一弾。

脚本:遊川和彦
出演:松たか子 加藤あい 長澤まさみ 冨浦智嗣 西田敏行 国分太一 玉山鉄二 甲本雅裕 深田あき

2006年日本民間放送連盟・民放連賞・番組部門・最優秀作品。

hiroshima_1.jpg



【あらすじ】
2005年の夏、広島平和記念公園。
ある老紳士(西田敏行)が修学旅行の高校生たちに、アメリカが広島に原爆を投下するに至った軍事史を語っていた。

少年の一人が話に飽きた様子で携帯電話をイジリ始めたので、老紳士は少年に「飽きたか?」とたずねる。
すると「ああ、学校で習った」と素っ気ない態度。

それじゃあと老紳士は教科書に載っていない60年前の広島のことを語り始める。。。

hiroshima_2.jpg



【感想】
戦時下の広島で懸命に生きていた彼女たちが原爆を落とされて死んでしまうまでの20日間を描いた作品。

このドラマは怒りよりも虚しさや寂しさを感じさせるドラマでした。
なぜなら原爆によって多くの人が苦しんでいるような悲惨な状況はまったく描かれておらず、
人生をあっけなく奪われてしまった悲劇を描いた作品だったからです。

幸せに暮らしている人々が一瞬で消し去られてしまうという落差を強調したかったためか、
街の様子も活気に満ちて明るく、主人公の家族も戦時中にしては裕福な生活をしていてます。

ストーリーの大半は各々が悩みを抱えつつも幸せになりたいと願い、懸命に生きている姿を描いた人間ドラマになっていて、戦争による悲惨さは感じません。

hiroshima_3.jpg


そして、やっと希望が見え始めたなぁと思ったところで8月6日の朝を迎えます。

hiroshima_5.jpg

「いってきます」「いってらっしゃい」と家族を見送り、普段と変わらない明るい朝の風景が一瞬でどす黒いシーンに変わり果てる様は凄まじいものを感じました。

原爆投下のシーンまで悲惨なシーンがなかったぶん、投下後のたった2分のシーンが恐ろしく悲惨に見え、戦争によって人が殺されるという描写ではなく、人が消し去られてしまったという描写は原爆の恐ろしさを物語っていました。

命だけじゃなく、願いとか希望といった心までも消し去られてしまったような、そんな虚しさの残る作品でした。

エンドロールは被爆者の痛々しい映像が流れるのでちょっと子どもには見せられない感じですが、本編には原爆を扱った作品にも関わらずグロテスクなシーンがほとんどありませんから夏休みに道徳の一環として子どもと一緒に観てもいいような作品だと思います。

他の方のレビュー(Amazon)






スポンサーサイト
[ 2011/07/18 12:51 ] ドラマ 戦争ドラマ | TB(0) | CM(0)

僕たちの戦争 主演:森山未來 戦争ドラマの名作

2006年にTBSで放送されたスペシャルドラマ。
2003年の「さとうきび畑の唄」、2005年の「広島・昭和20年8月6日」に続く戦争をテーマにした作品。

原作:荻原浩「僕たちの戦争」(双葉社刊)
脚本:山元清多
出演:森山未來 上野樹里 内山理名 浅利陽介 玉山鉄二 古田新太 麻生祐未 桐谷健太 樹木希林

2007年アジア・テレビジョン・アワード、シングルドラマ部門で最優秀賞を受賞。

tbs_bokutachino_1.jpg

【あらすじ】
平成17年、夏。
尾島健太(森山未來)は海にサーフィンをしに行った。
パドリングを始め、沖の方へ進んでいく。

ところが予想を超える大きな波が押し寄せ、健太は波に呑まれてしまう。

気がつくと、健太は海岸に打ち上げられていた。
クルマに戻ろうとしたがクルマが見あたらない。
浜辺を抜け出てみると、そこは見たことのない風景で、辺り一面に水田が広がっていた。

tbs_bokutachino_2.jpg

猛烈な喉の渇きに水を求め、あぜ道をフラフラと彷徨っていると、一軒の民家を見つける。
庭になっていたザクロに手を伸ばし取ろうとしたが足を滑らせてしまい気を失ってしまった。

気がつくと、健太はその民家の住人に助けられていた。
カレンダーを見ると昭和19年。

tbs_bokutachino_6.jpg

健太は太平洋戦争真っ只中の過去にタイムスリップしていたのだった。

健太は憲兵に見つかってしまい、吾一という人物に間違われ霞ヶ浦海軍航空隊に連れて行かれる。
そして数日後、特攻隊員として出兵することが決まってしまうのだった…。

tbs_bokutachino_5.jpg

tbs_bokutachino_10.jpg




一方昭和19年、夏。
健太と瓜二つの青年、石庭吾一(森山未來)は霞ヶ浦予科練で飛行訓練をしていた。
訓練中雷雨に遭遇し、吾一の乗った訓練機は操縦不能に陥り海に墜落。

気がつくと、吾一は病院のベッドの上だった。
見慣れない周りの様子に戸惑う吾一。
窓から外を見ると、そこには見たこともない建物が建ち並んでいた。

tbs_bokutachino_3.jpg

tbs_bokutachino_4.jpg

吾一は平成17年の現代にタイムスリップしていたのだった。

吾一は健太という人物に間違われ、訳の分からないまま健太の家に住むことに。
健太の部屋を物色してるうちに吾一は自分が未来に来てしまったことに気付く。
日本史で吾一は日本が太平洋戦争で敗戦していたことを知る。

tbs_bokutachino_11.jpg



何かの偶然で時空の歪みに巻き込まれ、立場が入れ替わってしまった現在と過去の若者が、その状況下でどう変わっていくのか。

戦時中の若者に現代の日本はどう映るのか。
そして、現代の若者に戦時中の日本はどう映るのか。



【感想】
戦争ものですが、過去と未来の人間が入れ替わるという設定が面白くて、タイムスリップした彼等がカルチャーショックを受けて戸惑う姿がコミカルで、堅苦しさは皆無でした。

昭和19年から現代に来た吾一は現代の街並みやテレビを見て驚いたり、積極的な女の子にどぎまぎしたり、逆に過去に行った健太が質素な食事に唖然としてたりして、タイムスリップもの独特の面白さがあります。

現代と過去が交互に入れ替わりながらサクサクとテンポ良くストーリーが進むので2時間があっという間でした。

健太の方の物語は、太平洋戦争末期の特攻隊の話なので物語が進むにつれてどんどんシリアスになっていきます。
毎日をぐうたらに過ごしてきた若者が、ある人を守るため命を賭ける決意をするシーンはすごく感動的。

このドラマの場合、他の太平洋戦争もののドラマと違って「教科書でしか戦争を知らない現代の若者」が命を賭けるので、もし自分だったら…と想像して観てしまって涙が止まらなくなりました。

隠れた名作だと思います。



[ 2011/06/29 02:02 ] ドラマ 戦争ドラマ | TB(0) | CM(0)

東京大空襲 第一夜 受難 / 第二夜 邂逅 主演:堀北真希

2008年に日本テレビ開局55周年記念番組として二夜連続で放送された戦争ドラマ。
「東京大空襲」を、テレビ史上かつてない空前のスケールで映像化した作品。

出演:堀北真希 藤原竜也 瑛太 柴本幸 国仲涼子 舘ひろし 岸谷五朗 真矢みき 黒谷友香 荒川ちか

bombing of tokyo_1


この曲を聴くだけで泣けてきます。

bombing of tokyo_2

【あらすじ】
1942年の東京。
父と二人暮しの桜木晴子(堀北真希)は、空襲で建物の下敷きになった父親を助けようとする。
炎のなかに飛び込もうとする晴子を止めたのが、大場博人(藤原竜也)だった。

2年後、看護婦として働く晴子の病院に、心臓発作で博人が担ぎこまれる。
博人は生まれつき心臓が悪く、出征がかなわない若者。
最初は父を助けられなかったことで博人を恨みに思う晴子だが、次第に二人は心を通わせていく。
強く生きようとする二人だが、1945年の3月10日、東京大空襲に巻きこ込まれる……。



【感想】
すごく泣きました。

生き残るために助け合いながら必死で逃げて
それでもどうしようもなくて、みんなみんな死んでいくのが悲しかった。
戦争の残酷さをまざまざと見せつけたドラマです。

語り継がなくてはならない歴史のひとつだと感じました。

bombing of tokyo_3

日本焦土化作戦の立案者カーチス・ルメイは、単に民家を狙っただけではなく
わざわざ最初に河川沿いを火の海にして住民の退路を断ち、逃げ場を失ったところを爆撃しました。
言うならばみな殺し作戦です。

燃え広がりやすい風の強い日を選んだのも効率的に殺すため。
たった2時間半ほどで十万人とも言われる人が亡くなったのはこういう鬼畜な作戦だったからです。

男は戦争でいないから住民のほとんどはお年寄りと女性や子どもだったのです。
それでもアメリカは容赦なく殺戮を繰り返しました。
日本政府に対して降伏を促すのが目的だったと言うが、はたしてここまでやる必要があったのか。

東京、名古屋、大阪、神戸みたいな大都市だけじゃなく
比較的人口の多い地方の都市もことごとく空襲されました。

わたしの故郷も工業都市だったので5回の空襲を受け焼け野原になったそうです。
カーチス・ルメイはすでに亡くなってますが、たとえ死んだ人間でも許せません。

そのカーチス・ルメイに勲一等旭日大綬章という勲章を授与した日本政府にも呆れます。
アメリカ政府がウサマ・ビンラディンに勲章を与えるようなもんです、あり得ません。

こういう悲惨な事が実際にあったんだという事を絶対に忘れてはいけないと思います。
残酷な戦争というものを後生に伝える意味でもたくさんの人に観てもらいたいドラマだと思いました。

楽天 ユーザーレビューのページ
Amazon ユーザーレビューのページ





[ 2011/05/29 04:38 ] ドラマ 戦争ドラマ | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。