スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画 ドラゴン・キングダム ジャッキー・チェン、ジェット・リー初共演

2008年に公開したカンフー映画。
この映画でジャッキー・チェンとジェット・リー初共演が実現した。

監督:ロブ・ミンコフ
出演:マイケル・アンガラノ ジャッキー・チェン ジェット・リー リウ・イーフェイ リー・ビンビン



【あらすじ】
アメリカ、ボストンに住むカンフー映画好きの高校生ジェイソンは、チャイナタウンにある質屋の常連客。
その質屋はカンフー映画の海賊版DVDを扱っていて、それを買うのが目当てで通っていた。

The Forbidden Kingdom_1

ある日ジェイソンは、店の奥に金色に光る棒を見つける。
それは彼がよく見ていた夢の中で孫悟空が使っていた如意棒だった。
店主のホップ(ジャッキー・チェン)によると彼の祖父の頃から代々本当の持ち主が現れるのを待っているのだという。

その帰り道、ジェイソンはクラスメートの不良たちにカンフー映画オタクであることをからかわれ、リーダー格のルポ(モーガン・ブノワ)から殴る蹴るの暴行を受けるが気の弱いジェイソンはやり返すことができなかった。

The Forbidden Kingdom_2

ルポたちは質屋強盗を思いつき、ジェイソンはその手引きをさせられてしまう。
深夜、彼らは店主(ホップ)と顔見知りのジェイソンを使って店の鍵を開けさせると、店主を脅して店を荒らし始めた。
ホップが一味のひとりの頭を棒で殴って反撃。
興奮したルポは拳銃でホップを撃ってしまう。

倒れたホップはジェイソンに「棒を真の持ち主に返してくれ」と託す。
ルポは、一部始終を見ていたジェイソンに拳銃を向けながら「チクるなよ!いいな!」と迫った。
ジェイソンは逃げるが、追いつめられビルの屋上から墜落してしまう。

意識が戻るとそこは古代中国に似た異世界だった。

驚く間もなくその異世界の軍団に捕まりそうになるが、通りがかった酔拳の達人のルー・ヤン(ジャッキー・チェン)に助けられる。
ジェイソンは事情を説明するとルーはジェイソンに、「古より伝えられる予言にある、孫悟空を救いジェイド将軍を滅ぼすために来た者だ」と告げる。

その後、将軍に親を殺され復讐に生きるスパロウ(リウ・イーフェイ)と、少林寺拳法の達人サイレント・モンク(ジェット・リー)と出会い、孫悟空に如意棒を返すため旅を始める。



【感想】
カンフーアクション映画界を代表するジャッキー・チェンとジェット・リーの二人の対決シーンはやはりもの凄い迫力でした。
酔拳2以来でしょうか。ひさびさにカンフー映画というものを楽しめた感じがします。

酔拳に蟷螂拳、五獣の拳など昔懐かしい香港映画の要素が盛りだくさんで、
ジャッキー・チェンが酔拳で有名なあのポーズをした時はかなり萌えました。

The Forbidden Kingdom_4

The Forbidden Kingdom_3

ジェイド将軍と孫悟空に関しては妖術を使ったりしますが、その他の格闘シーンではワイヤーアクションが使われているものの空を飛びまくったりはしないし、多少人間離れした腕力だったり跳躍力だったりするくらいで比較的普通にカンフー映画として楽しめる作品だと思います。

ひ弱な主人公のジェイソンが、修行で少しずつ強くなっていくのがベストキッドみたい。
いかにもアメリカ人ウケしそうな感じ。

The Forbidden Kingdom_9

ヒロイン役のリウ・イーフェイはとても可愛い女優さんでした。
こんなに可愛いのにアクションシーンも完璧なのが凄い。
こういうギャップってなんか惹かれてしまいます。

日本でこれに近いレベルのアクションができる女優さんって水野美紀さんくらいですかね。

The Forbidden Kingdom_5

The Forbidden Kingdom_6



ブルーレイ版のユーザーレビュー

DVD版のユーザーレビュー

スポンサーサイト
[ 2011/06/15 23:54 ] 洋画 アクション | TB(0) | CM(0)

映画 バイオハザードIV アフターライフ 主演:ミラ・ジョヴォヴィッチ

2010年に公開されたホラーアクション映画。
PG-12指定。

監督:ポール・W・S・アンダーソン
主演:ミラ・ジョヴォヴィッチ
出演:アリ・ラーター ウェントワース・ミラー 中島美嘉

biohazard_4_0.jpg

biohazard_4_1.jpg

【あらすじ】
前作より5年後…。

アンブレラ社の東京、渋谷の地下要塞をアリスが自身のクローンたちと共に襲撃。
地下要塞は壊滅的なダメージを受ける。

その後、アリスはアラスカにあるという「アルカディア」を目指した。
そこで記憶を失ったクレア・レッドフィールドと再会する。

アリスとクレアは他の生存者を求め、飛行機でロサンゼルスに向かう。
ロサンゼルスに到着すると刑務所の屋上に生存者を発見する。

生存者達からアルカディアは地名ではなくロス沖に停泊している船の名前だと教えられる
なんとかしてアルカディアまで行きたいアリス達だったが脱出方法がない。
刑務所を脱出しアルカディアにたどり着く方法があるのだろうか。



【感想】
冒頭での渋谷のスクランブル交差点でどしゃ降りの雨の中、
傘もささずに立ちすくむ中島美嘉さんがいきなりゾンビになって通行人を襲うというシーンにはビックリ。

ゾンビメイクはしてないけど、コマ送りして見たら凄い形相だった(笑)
日本人には嬉しいサプライズ。

今回のバイオハザードは刑務所という狭い空間が舞台なので
ゾンビ映画らしく「追いつめられる恐怖」が出てていいです。

バイオの場合はそれプラス、アクション要素が高いって感じですよね。

biohazard_4_2.jpg

処刑マジニやウェスカーのようなボスキャラ的な存在がいるのも○

biohazard_4_3.jpg

特に今回、アリスが超能力を失ってバイオハザードらしさが戻った。
あまりにも主人公を強くしてしまうと、ゲームのバイオハザードとはまったく違う独自の世界観になってしまうので、超能力を無くしたのは正解だと思う。
それに、弱くなってしまった事でハラハラ感が増して面白くなった気がします。

しかしウェスカー戦はもうちょっとなんとかならなかったんでしょうかねえ…。
アクション映画のクライマックスなんだから、ターミネーターみたいな緊張感があって、見て納得のいく倒し方を考えて欲しかった。
最初すごい強かったのに口からなんかモゴモゴ出したら逆に弱くなってちょっと肩すかし食らった。

でも、人気作でも長く続くとマンネリ化してしまったりするものだけど
バイオハザードの場合、逆に少しずつ面白くなっていってる点は素晴らしい。

なんだかんだ言って、かなり面白かったし次回作にも期待。




[ 2011/06/06 00:04 ] 洋画 アクション | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。