スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画 白夜行 (映画版) 主演:堀北真希 高良健吾 あらすじ・感想

2011年に公開された東野圭吾原作の映画。

監督:深川栄洋
出演:堀北真希 福本史織 高良健吾 今井悠貴 船越英一郎 緑友利恵 姜暢雄 小池彩夢 粟田麗

byakuyakou_eiga_2.jpg

【あらすじ】
昭和55年、密室となった廃ビルの一室で刺殺された遺体が見つかった。
殺されたのは地元で質屋を経営する桐原洋介。
容疑者として桐原の愛人・西本文代(山下容莉枝)とその恋人・寺崎忠夫(宮川一郎太)の名が挙がる。
捜査中、寺崎と文代は事故に遭い事件は被疑者死亡により一応の解決をみる。

数年後、当時10歳だった容疑者西本文代の娘・雪穂(堀北真希)ももう高校生になっていた。
母の死後、遠縁に引き取られ、西村から唐沢へ姓を変えて生活していた。

美人で成績の良かった雪穂はクラスメイトから妬まれるほどの才女へと成長。
その後、大学へいってからもさらに美貌に磨きがかかっていた。
しかし、雪穂の周辺には事件が何度も続発していたのだ。

桐原洋介殺害事件の真相を追い続けていた笹垣刑事は雪穂の存在に気付く。
そしてついに、19年前に起きた事件の背後にある驚愕の真実に辿り着く。



byakuyakou_eiga_1.jpg

【感想】
あれだけの原作を2時間半という短い時間でよくまとめたなぁとちょっと尊敬してしまいました。

さすがに時間が短いので原作みたいな、なんか分からんけど雪穂は怖い、という感じはありませんでしたけどドラマ版とは違って雰囲気もよく出ていて、これぞ白夜行だと思えるような作品でした。

雪穂の心理描写が少なかったのも観る側に想像の余地があって良かった。
雪穂の怖さって感情がなくて何を考えているのか分からないってところがありますから。

観る前は堀北真希さんの幼い顔立ちと可愛い声が雪穂のイメージと違ってたんですが、観てみたらなかなか似合っていました。
桐原亮司役(被害者の息子)の高良健吾さんもハマリ役。

船越英一郎さんは最後までホンボシの桐島さんにしか見えなかったw




スポンサーサイト
[ 2011/08/07 16:05 ] 邦画 サスペンス | TB(0) | CM(0)

映画 リアル鬼ごっこ2 あらすじ・感想

2010年に公開された山田悠介原作、石田卓也主演の映画。
原作エンディングの続きとして半年後の世界が描かれている。

原作:山田悠介
監督・脚本:柴田一成
出演:石田卓也 吉永淳 三浦翔平 蕨野友也 渡辺奈緒子 霧島れいか

real2_1.jpg



【あらすじ】
あれから半年後…。
佐藤翼(石田卓也)は、謎の独裁者が支配し、またしても佐藤さんが迫害を受けるパラレルワールドで、妹の愛(吉永淳)や幼馴染の洋(三浦翔平)たちと独裁者に対抗するレジスタンスとなっていた。

real2_3.jpg

real2_2.jpg

そんなある日、翼たちは、謎の支配者が仕掛けた新たな「リアル鬼ごっこ」に強制的に参加させられてしまう。

鬼から必死に逃げまわる中、突然、翼だけが現実世界に戻ったのだが、喜ぶのも束の間、なんと鬼たちも一緒に連れ帰ってしまったのだった!!

real2_4.jpg

元の世界にいた愛や洋、やむなく行動をともにする看護師・佐藤美沙(渡辺奈緒子)や、佐藤怪死事件を追う刑事・佐藤明(蕨野友也)ら仲間とともに、翼は、果たして、現実世界とパラレルワールド2つの鬼ごっこを逃げ切ることができるのか、佐藤さんが再び、平和に暮らせる世界は訪れるのか!?

※公式サイトより



【感想】
まず、前作の続編ですが、前作とは違うパラレルワールドの話なので見なくても大丈夫です。


支配者に民衆が弾圧されていて「捕まったら殺される」という重い内容のはずなのに
「佐藤さん」が弾圧されるという設定にしてあるだけですごくコミカルなんですよね。

子どもの遊びである鬼ごっこを、大の大人が真剣になってやるという発想は面白い。
いい意味で、よくもまあこんなくだらない事を思いついたなと関心してしまいました。

まあ低予算のB級映画だし、元々ふざけた内容なので細かいことは気にせず軽い気持ちで見たら結構面白かった。

最初の方は、鬼よりも逃げる若者たちの方が足が速くて体力もあるし、鬼ごっこ的な緊張感はあまりないのですが、クライマックスでは大勢の鬼に追いつめられていくような展開で、迫力満点とまではいきませんけどそこそこ緊張感もありそれなりに楽しめました。

続編が出たらまた観ちゃうだろうなと思うくらいの面白さはあります。



超個人的な意見なんですけど、鬼ごっこで逃げるのが兄妹じゃなくて、普段は冴えないサラリーマンのパパと12歳くらいの娘という設定だったらもっと楽しめたかも。

大人よりも微妙に逃げ足の遅い女の子がいたら鬼ごっこ的な走って逃げる緊張感も出るし、父親が娘をかばって必死に戦ったりしたら思わず、頑張れ!って応援しちゃいそうだし。

他の方のレビュー(Amazon)






原作本







[ 2011/07/09 12:01 ] 邦画 サスペンス | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。