スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スイッチを押すとき (テレビドラマ版) 主演:成宮寛貴 あらすじ・感想

2006年に毎日放送で放送された山田悠介原作のドラマ。

脚本:杉山嘉一
出演:成宮寛貴 木南晴夏 川本貴則 若葉竜也 原田琢磨 近藤芳正

原作は発売日5日後から第2刷が発行されるという驚異的な売り上げをみせたベストセラー小説。
2011年に小出恵介&水沢エレナのW主演で映画化が決まっている。

switch_1.jpg



【あらすじ】

2010年、青少年健全育成計画が施行された。
これは、青少年の深層心理解明の為、全国で無作為に選出された5歳の子供達が心臓にある装置を取り付けられるものである。

switch_2.jpg

10歳になった時、子供達は隔離され、教えられる。
「そのスイッチを押せば、君の心臓は停止する」

突然親と引き離された10歳の子供に到底理解できるわけのない現実。

switch_3.jpg

すぐに親が迎えに来てくれる。家に帰れる。きっとこの悪夢はいつか醒めるとみんなが思う。
だが、しばらくしてそうではない事が分かる。

寂しさで押す者、行き場のない怒りに押す者、精神のバランスを崩し押してしまう者。
一年もしない内にその数は半分以下になる。
何もない部屋、何もない毎日に耐えられるほど人間は強くない…。

switch_5.jpg


2030年、南洋平(成宮寛貴)は青少年健全育成プロジェクト八王子センターで、監視員として勤務していた。
センターは少年少女達に自らの命を絶つスイッチを持たせ、何もない部屋に閉じこめて精神的に追いつめ「スイッチを押すとき」のデータを採るための実験施設だ。
八王子センターに一人生き残っていた12歳の少女がスイッチを押したため八王子センターには被験者がいなくなり、南は横浜センターへ転勤することに。

横浜センターに出勤した南は衝撃的な光景を目にする。
そこには7年間もスイッチを押さなかった子供達が4人もいたのだ。

switch_4.jpg

彼らと話をしていくうちに南は徐々に心を動かされていき、1人の死をきっかけに南は施設から彼らを連れて逃亡する。
しかし逃亡生活には厳しい運命が待ち受けていた…。



【感想】

原作は読んでなかったのですが、山田悠介さんの小説はどれも面白いものばかりなので観てみました。
リアル鬼ごっこと同じようにあり得ない法律が施行されるというあり得ない設定ですが面白い。

もし自分が同じ立場だったら何を支えに生きていけばいいんだろう…と考えされるドラマです。
リアル鬼ごっこ同様、一般市民が他人事として彼らを無視してる描写は社会に対する皮肉を込めてる感じがします。

このドラマは内容もいいですが、特に演技陣がすごく良かった。
やはり主演の成宮さんは流石に自然な演技で、優しい表情と激しい表情の差がすごい。
なんでもこなせる役者さんですよね。すごく好きな俳優さんです。

ヒロイン役の木南晴夏さんは明るくて健気で、最後はすごく泣けました。
彼女のその後が気になります、ぜひ木南晴夏さん主演で2をやって欲しい。




【片面1層、3枚組】 カラー/本編16:9スクイーズ 特典映像4:3LB/音声:2.0ステレオ
●Disc1:本編73分 第1~3話収録 + 特典映像21分(本編先行特番1+2)
●Disc2:本編73分 第4~6話収録 + 特典映像11分(本編先行特番3)
●Disc3:本編97分 第7~10話収録 + 特典映像11分(成宮寛貴×山田悠介のスペシャル対談)

【サブタイトル】

第1話 「運命」
第2話 「交錯」
第3話 「希望」
第4話 「反逆」
第5話 「決断」
第6話 「飛翔」
第7話 「衝突」
第8話 「継承」
第9話 「意味」
第10話 「宣言」


関連記事
[ 2011/08/15 21:54 ] ドラマ サスペンス | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。