スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

君の手がささやいている 第一章

1997年~2001年に、テレビ朝日系列で年に一度全5回に渡って放送された
スペシャルドラマのシリーズ一作目。

原作:軽部潤子
脚本:岡田惠和
演出:新城毅彦

出演:菅野美穂、武田真治、中村麻美、高樹沙耶

kiminote_title.jpg

菅野美穂さんのナレーションとともに、
生まれつき耳の不自由な本作のヒロイン武田美栄子(菅野美穂)が
新社会人として初出勤するシーンから始まる第一章は
運命の人となる野辺博文(武田真治)との出会いから結婚までが描かれています。

kiminote.jpg



【感想】
わたしが感じるこのドラマの素晴らしいところは
派手な演出や悲惨な演出などがなく「日常」を描いてあることだと思います。

聾者が主人公のテレビドラマの中には、
主人公が人の悪意に振り回され次から次にこれでもかってくらい悲惨な目に遭って
どん底に突き落とされたあと最後はハッピーエンド、みたいな演出のものもありますけど
このドラマにはそういった悲惨さはまったくありません。
家族の愛に包まれていて逆に羨ましく思ってしまうくらい。

出会い、はじめての恋、プロポーズ、彼の両親の反対、そして結婚というごく普通のラブストーリーです。

第一章だけじゃなく続く第二章~最終章まででも事件らしい事件はなく、
結婚、出産、育児などの聾者の方になら誰にでも起こりうる問題や悩みなどの出来事です。

そんな普通の出来事の中の健常者には気付かないような苦労や挫折などを描いてある作品です。

この作品には手話に字幕が付かないので表情や仕草で気持ちを察するような部分が多くて、
菅野美穂さんの演技力ってやっぱりスゴイな…と改めて感じます。

わたしはいまだにこのドラマを超えるドラマに出会っていません。
名作中の名作だと思います。

ぜひ一度観て欲しい心温まる優しい雰囲気のドラマです。

Amazon レビューページ




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kanako1970.blog100.fc2.com/tb.php/15-3c3be864


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。