スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

妹よ 大ヒットドラマ 主演:和久井映見

1994年にフジテレビの月9枠で放送され平均視聴率 24.6%
最終回では視聴率 30%を超えた和久井映見、岸谷五朗、唐沢寿明共演による大ヒットドラマ

emi_wakui_imoutoyo_1.jpg

【あらすじ】

食品工場で働くごく普通のOL、松井ゆき子(和久井映見)は
ふとした事から大企業の御曹司、高木雅史(唐沢寿明)と出会う。

imoutoyo_karasawa.jpg

imoutoyo_wakui.jpg

彼女は素敵な人との出会いに浮かれるが彼の周囲の人間からは蔑んだ目で見られ、
彼もまた彼女に好意を寄せてはいるものの自分と彼女とのギャップに気付かず
無神経な振る舞いをしてしまいゆき子は傷ついてしまう。

あまりの立場の違いにためらう彼女だったが、優しく穏やかな彼に惹かれてゆく。
最初は反対していた兄菊雄(岸谷五朗)も、妹の恋を実らせようと応援するように…。



【感想】

DVD化を待ち望んでいた方もたくさんおられたと思いますが、去年やっとDVD化してくれました。
やっぱり岸谷五朗さんは最高です。

imoutoyo_kishitani.jpg

基本的には平凡なOLが大企業の御曹司と出会い幸せを手にするというシンデレラストーリーですが
妹ゆき子と兄の菊雄、ゆき子の恋人高木とその妹の瞳(鶴田真由)の「兄妹」もテーマ。
ドラマ全体にほのぼのとした雰囲気があって観ていてなごみます。

お兄ちゃん役の岸谷五朗さんがホントにハマリ役。
優しくて面白くて、ちょっと頼りないけど熱血漢でやるときはやる、みたいな。

もし違うキャスティングで岸谷さんじゃなかったとしたら
こんな名作にはならなかったんじゃないかな、と思うくらい面白いキャラです。

主人公のゆき子も健気で控え目な女性なので、和久井さんの雰囲気にぴったり。
唐沢さんもそうだし、みんながみんな役のイメージにぴったりハマってるドラマです。

楽天 ユーザーレビューのページ
Amazon ユーザーレビューのページ



出演:和久井映見、岸谷五朗、唐沢寿明、鶴田真由

演出:永山耕三(フジテレビ)、林徹(フジテレビ)
プロデュース:大多亮(フジテレビ)、小岩井宏悦(フジテレビ)
脚本:水橋文美江
音楽:日向敏文
制作著作:フジテレビ

主題歌:「めぐり逢い
作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:澤近泰輔 歌:CHAGE&ASKA

【サブタイトル】

第1話 「始まりはいつも雨」
第2話 「プライド」
第3話 「世界で一番ステキなプレゼント」
第4話 「もて遊ばれた憧れ」
第5話 「お兄ちゃん許して
第6話 「深く傷ついても」
第7話 「泣くな妹、泣くな」
第8話 「王子様の告白」
第9話 「おめでとう、お兄ちゃん」
第10話 「めぐり逢い」

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/04/18 20:02 ] ドラマ ラブストーリー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kanako1970.blog100.fc2.com/tb.php/16-109c1cbc


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。