スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

はるか17 主演:平山あや

2005年にテレビ朝日金曜ナイトドラマで放送されたドラマ。

出演:平山あや 古田新太 金子貴俊 大島蓉子 瀬戸早妃 深沢敦

haruka_seventeen_title.jpg

haruka_seventeen_2.jpg

【あらすじ】

純朴で地味な22才の女子大生、宮前遥(平山あや)は就職活動で苦戦を強いられていたが
やっとのことで弱小芸能プロダクションの童夢企画にマネージャーとして採用が決まり
ようやく社会人として第一歩を踏み出すことになった。

マネージャーの仕事を頑張ろうと張りきる遥だったが
社長の福原(古田新太)は、遥をマネージャーとしてではなく
なんと童夢企画の所属タレントとして採用していたのだった。

遥は猛反発したが、社長に「キミが必要なんだ」と熱い説得をうけ、
しょうがなく17才のアイドル「はるか」として活動を開始することに…。

haruka_seventeen_1.jpg

オーディションでの熾烈な女同士のプライドを賭けた戦いに戸惑うはるか。

haruka_seventeen_3.jpg

はるかは、ファインプロのタレント佐倉ユリ(瀬戸早妃)とライバルになり、あるオーディションで佐倉に屈辱的な負け方をする。

haruka_seventeen_5.jpg

ショックを受け挫折しそうになるが、ある仕事で人気女優の長谷川菜々子(相沢紗世)と出会い
その演技を目の当たりにしたはるかは感動と憧れを覚え、芸能人は人に夢を与えられる仕事だということに気付く。

haruka_seventeen_6.jpg

はるかはタレントとしての自覚に目覚め、逃げずに向き合うことを決心する。



【感想】

22才の地味な女の子が年齢を詐称して17才のアイドルとしてデビューするという設定だけで
観る前から面白いと確信してましたけど、ホントに面白かった。

テンポもいいしキャスティングもなかなか。
特に古田新太さんがハマリ役で、とぼけたキャラが最高。
「はるか」がいつのまにか言いくるめられてしまう感じが笑えます。

プライベートとアイドルの時の顔がまったく違うというギャップも楽しい。
ムコ殿の逆バージョンみたいな感じですかね。

コメディの中ではすごく好きなドラマです。

特に好きなシーンは、はるかの妹・宮前理沙(倉地恵利)に「これ、お姉ちゃんでしょ?」とバレてしまうシーン。
「父さんに言ったら驚くよね…?」と可愛くお小遣いをせびる仕草が笑えた。

Amazon ユーザーレビューのページ





【サブタイトル】
Act.1 なんで私がアイドルに!?
Act.2 水着!?オーディションの罠
Act.3 グラビアコンテストの秘密
Act.4 メリーゴーランドの悲劇!
Act.5 CM出演?うごめく陰謀…
Act.6 父の涙…アイドル軟禁事件
Act.7 ドラマ抜擢…うごめく陰謀
Act.8 ドラマ降板…さらなる悲劇
Act.9 復帰絶望!?さよなら芸能界
Act.10 遂に最終回!!究極の陰謀



平山あや写真集



“はるか”を演じる平山あやのイメージビデオ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/05/18 00:59 ] ドラマ コメディ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kanako1970.blog100.fc2.com/tb.php/28-482b3a03


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。