スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東京大空襲 第一夜 受難 / 第二夜 邂逅 主演:堀北真希

2008年に日本テレビ開局55周年記念番組として二夜連続で放送された戦争ドラマ。
「東京大空襲」を、テレビ史上かつてない空前のスケールで映像化した作品。

出演:堀北真希 藤原竜也 瑛太 柴本幸 国仲涼子 舘ひろし 岸谷五朗 真矢みき 黒谷友香 荒川ちか

bombing of tokyo_1


この曲を聴くだけで泣けてきます。

bombing of tokyo_2

【あらすじ】
1942年の東京。
父と二人暮しの桜木晴子(堀北真希)は、空襲で建物の下敷きになった父親を助けようとする。
炎のなかに飛び込もうとする晴子を止めたのが、大場博人(藤原竜也)だった。

2年後、看護婦として働く晴子の病院に、心臓発作で博人が担ぎこまれる。
博人は生まれつき心臓が悪く、出征がかなわない若者。
最初は父を助けられなかったことで博人を恨みに思う晴子だが、次第に二人は心を通わせていく。
強く生きようとする二人だが、1945年の3月10日、東京大空襲に巻きこ込まれる……。



【感想】
すごく泣きました。

生き残るために助け合いながら必死で逃げて
それでもどうしようもなくて、みんなみんな死んでいくのが悲しかった。
戦争の残酷さをまざまざと見せつけたドラマです。

語り継がなくてはならない歴史のひとつだと感じました。

bombing of tokyo_3

日本焦土化作戦の立案者カーチス・ルメイは、単に民家を狙っただけではなく
わざわざ最初に河川沿いを火の海にして住民の退路を断ち、逃げ場を失ったところを爆撃しました。
言うならばみな殺し作戦です。

燃え広がりやすい風の強い日を選んだのも効率的に殺すため。
たった2時間半ほどで十万人とも言われる人が亡くなったのはこういう鬼畜な作戦だったからです。

男は戦争でいないから住民のほとんどはお年寄りと女性や子どもだったのです。
それでもアメリカは容赦なく殺戮を繰り返しました。
日本政府に対して降伏を促すのが目的だったと言うが、はたしてここまでやる必要があったのか。

東京、名古屋、大阪、神戸みたいな大都市だけじゃなく
比較的人口の多い地方の都市もことごとく空襲されました。

わたしの故郷も工業都市だったので5回の空襲を受け焼け野原になったそうです。
カーチス・ルメイはすでに亡くなってますが、たとえ死んだ人間でも許せません。

そのカーチス・ルメイに勲一等旭日大綬章という勲章を授与した日本政府にも呆れます。
アメリカ政府がウサマ・ビンラディンに勲章を与えるようなもんです、あり得ません。

こういう悲惨な事が実際にあったんだという事を絶対に忘れてはいけないと思います。
残酷な戦争というものを後生に伝える意味でもたくさんの人に観てもらいたいドラマだと思いました。

楽天 ユーザーレビューのページ
Amazon ユーザーレビューのページ





関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/05/29 04:38 ] ドラマ 戦争ドラマ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kanako1970.blog100.fc2.com/tb.php/34-51b1000e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。