スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画 デトロイト・メタル・シティ 主演:松山ケンイチ

2008年に公開されたコメディ。

出演:松山ケンイチ 加藤ローサ 松雪泰子

detroit metal city_0



【あらすじ】
大分から大学進学で上京してきた根岸崇一(松山ケンイチ)は純朴な青年。
歌はイマイチではあったが、夢はオシャレなポップミュージシャンになること。

detroit metal city_2

ある日、「新人ミュージシャン募集」のチラシを見て応募。
ところが行った先はポップミュージックとは正反対のデスメタル系音楽事務所だった…。

ほどなくして根岸はデスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ(通称DMC)」の
ボーカルヨハネ・クラウザーⅡ世としてデビューするハメに。

根岸の思いをよそにDMCはライブハウスでも満員。
人気バンドになってしまう。

detroit metal city_1



【感想】
ポップスを好む純朴な青年がコッテコテのヘビメタをやるって設定がすごくいい!
素の時とクラウザーⅡ世とのギャップがありすぎで笑えた。

あいかわらず松山ケンイチさんは演技が上手いですね。
クラウザーⅡ世の時も痛いけど、根岸(素)の時はもっと痛い。
セクシーボイス・アンド・ロボの時と同じようなキモイ雰囲気が面白かった。

個人的に思うこの映画の見どころのひとつは松雪泰子さん演じる女社長。
よくこんなオファー受けたなぁと思うくらい凄まじい役です。

物事の善し悪しはすべて股間が濡れたかどうかで判断します。
タバコの火を舌に押しつけて消します。最高です。
松雪さんのイメージが吹っ飛びました。

あまりに過激なキャラクターだったため、本人もこの役の話をする事を
あまり好んでいないみたいです。

ぜひこの女社長主演の映画を撮って欲しい。

楽天 ユーザーレビューのページ

Amazon ユーザーレビューのページ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/06/01 23:52 ] 邦画 コメディ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kanako1970.blog100.fc2.com/tb.php/38-ae6d41a1


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。