スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

離婚弁護士 主演:天海祐希

2004年にフジテレビ系列で放送された法曹モノのドラマ。

脚本:田渕久美子 林宏司 武田樹里
出演:天海祐希 玉山鉄二 ミムラ 佐々木蔵之介 津川雅彦 陣内孝則 久我陽子

rikonbengosi_1.jpg

rikonbengosi_2.jpg

【あらすじ】
間宮貴子(天海祐希)は業界大手の大田原総合法律事務所で渉外弁護士としてキャリアを積み、
若手のホープとして法曹界では名の知れた存在だった。

同僚の広澤善之(竹野内豊)を誘い、共に独立する予定だったが
開業初日の朝、間宮が事務所に行くと、事務所には受付嬢の吉田香織(ミムラ)以外誰もいない。
吉田は間宮に、弁護士達から「辞めたい」という連絡があったと告げる。

大田原の妨害工作だと察した間宮はすぐさま大田原総合法律事務所へ向った。
そこで間宮は、大田原総合法律事務所のパートナーへと昇格し、大きな個室を与えられた広澤に会う。
彼に問いただすと「君なら上手くやっていけるよ」とそっけなく返されてしまう。
間宮は、一緒に独立するはずだった広澤の裏切りにショックを受ける。

大田原の妨害に負けるわけにはいかない間宮は新しい弁護士の手配に奔走。
急遽渉外弁護士の柳田俊文(佐々木蔵之介)を雇う。
しかし営業経験のない間宮は新規クライアントを見つけられず、離婚などの家事審判や一般民事事件といった小口案件を扱わざるを得なくなっていってしまう。



【感想】
主演が天海祐希さんだったので、見始めたらハズレはないだろうな、という気はしてたのに
不覚にも離婚弁護士というタイトルにネガティブなイメージを持ってしまって、ずっと観る気にならなかった。

ところが観てみてビックリ。
ネガティブどころかコメディタッチで、かなり面白いドラマだった。

法曹モノなのでお堅い作品なんじゃないかとも思ってたんですが、扱ってる案件が身近な内容で法律を扱ったヒューマンドラマみたいな気楽な感じ。
離婚だ不倫だ慰謝料だストーカーだセクハラだのと暗そうなテーマだけど、結果的には相談者が人生を前向きに生きようとするような内容が多く、楽しく観ることが出来ました。

クライマックスの第10話~最終話は、セクハラやコンプライアンスを題材にした回ですが本当に面白かった。
大田原総合法律事務所時代の元同僚・山岡(陣内孝則)から、願ってもないいい話を持ちかけられてるにも関わらず、その話を蹴って大企業を相手に勝ち目のない闘いを弁護士としての誇りを賭けて挑む姿がすごくカッコよかった。
圧倒的に不利な状況で、先の読めない展開にハラハラしました。

Amazonでのユーザーレビュー





【サブタイトル】

第1話 裏切られた女 [夫婦関係調停]

第2話 慰謝料1億円の女 [慰謝料]

第3話 この子は渡さない [離婚と親権]

第4話 16才と18才の離婚 [結婚可能年齢 不動産取引]

第5話 対決!ストーカー [ストーカー]

第6話 愛と憎しみの遺産相続 [死因贈与契約]

第7話 内縁の妻と本妻 [内縁関係]

第8話 父と娘と不倫の慰謝料 [不貞行為]

第9話 忘れられない男 [失踪宣告]

第10話 セクハラされた女 [セクハラ]

第11話 セクハラ社長 VS 戦う女 [コンプライアンス 解任動議]



主題歌
hitomi 「心の旅人」

挿入歌
ノラ・ジョーンズ 「What Am I to You?」
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/06/09 22:56 ] ドラマ 社会派ドラマ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kanako1970.blog100.fc2.com/tb.php/44-bc80fb0d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。