スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バージンロード 主演:和久井映見 ラブストーリーの名作

1997年にフジテレビ系列で放送された恋愛ドラマ。

主題歌の「CAN YOU CELEBRATE?」はこのドラマの影響で結婚式の定番曲になった。
累計出荷枚数は250万枚で安室奈美恵の最大のヒット曲。

桜井和美の幼少期の役で当時8歳の大島優子(AKB48)が出演している。

脚本:龍居由佳里
出演:和久井映見 反町隆史 武田鉄矢 北原雅樹 余貴美子 宝生舞 寺脇康文 岩城滉一 古尾谷雅人

virgin_road_1.jpg

virgin_roal_10.jpg

virgin_road_4.jpg



【あらすじ】
桜井和美(和久井映見)は勤めていた会社を辞め、ジュエリーデザイナーになる夢を叶えるために父・光(武田鉄矢)の反対を押し切りアメリカへ留学する。

留学先のアメリカで和美は恋人もできて幸せな日々を送っていた。
ところがある日、付き合っていた彼の口から妻子がいるという思いもよらない告白をされてしまう。
ショックを受けた和美は妊娠していることを言い出せないまま、彼からの連絡も途絶え別れてしまう。

その後、和美は父・光が危篤との知らせを受け急遽帰国。
日本に向かう飛行機の機内で、和美はつわりで気分が悪くなり隣の座席にいた吉見薫(反町隆史)に嘔吐してしまい、その事がきっかけで彼と親しくなる。

成田空港に着くと和美は、薫にとんでもない頼み事を持ちかけた。
それは、危篤の父の枕元で婚約者のフリをするアルバイトをして欲しいというものだった。
和美は以前、家族に宛てて「帰国する時に婚約者を連れて行く」という手紙を出しており、父を安心させる為に思いついた嘘だった。

最初はお互い婚約者のフリをしてるだけの関係だったが、深く関わっていくうちに少しずつ惹かれあっていく。



【感想】
嘘から始まる恋、シングルマザーになる女性の心の成長というストーリー。

ストーリーも役者さんたちの演技も、音楽もとにかく素晴らしいドラマでした。
バージンロード、すごく面白かったです。

物語の前半は武田鉄矢さんのキャラもあって、コミカルな感じですが
中盤から終盤にかけての先の読めないドラマチックな展開にはすごいものがあります。
メチャメチャ泣けました。

主演は当時の月9の常連、和久井映見さん。

virgin_road_6.jpg

virgin_road_7.jpg

ものすごく美人っていうわけじゃないけど、幼い顔立ちで思わず守ってあげたくなるような和風美人ですね。
おっとりとした優しい口調で、落ち着いた雰囲気のある女優さんです。

こういうタイプの女優さんって意外と少ないような気がします。

偽婚約者役の反町隆史さん。
ワイルドでカッコイイ。

virgin_road_8.jpg

幼い頃母親に捨てられ幼なじみの恩田季里(宝生舞)と施設で育った。
そのためか少し冷めた性格だったが桜井家の温かい家族と触れあううちに変わっていく。

父親役の武田鉄矢さんは一番の立役者。
娘のために怒ったり泣いたり父親の温かい深い深い愛情を感じられる迫真の演技が素晴らしかった。

virgin_road_9.jpg

virgin_road_10.jpg




【サブタイトル】

第一話 一晩だけの婚約者…失恋、父の危篤そして妊娠…

第二話 婚約者の謎、嘘の恋のはずなのに…

第三話 実は運命の人…嘘と本気で揺れる心

第四話 子供の命の危機!突然の父親の出現

第五話 再会、衝撃のプロポーズ

第六話 嘘が発覚!愛の決断の時

第七話 新たな恋、嫉妬、裏切り

第八話 命の場所で哀しい別れ…隠された出生の秘密

第九話 傷ついた孤独な夜に衝撃の愛の告白

第十話 最後の約束…二人の涙の決意と誓い

最終話 幻の花嫁、彼だけを想って…哀しみの一歩、運命の扉を開ける時


主題歌


関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/06/26 01:39 ] ドラマ ラブストーリー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kanako1970.blog100.fc2.com/tb.php/52-604d9184


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。