スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画 踊る大捜査線 The Movie 3 ヤツらを解放せよ! 感想

2010年に公開された織田裕二主演の映画。
興行成績73.1億円。

出演:織田裕二 深津絵里 小栗旬 小泉今日子 柳葉敏郎 伊藤淳史 内田有紀

odoru3_1.jpg



【あらすじ】
湾岸署が移転することになり、強行犯係長になった青島は引っ越し対策本部長に任命され新湾岸署への移転作業に追われていた。
新湾岸署の開署式の期日も迫っており署内はバタバタと大忙し。

その混雑した最中を狙って、引っ越し業者になりすました若者たちが署内のセキュリティルームに仕掛けを施し、3丁の拳銃を盗みだす。

そして、その拳銃を使った連続殺人事件へと発展していく。



【感想】
前作から7年ぶり、ファン待望の新作。
観客動員数は550万人の大ヒット。

…なんですけど、個人的にはもっと新しい展開を期待していたのでちょっと期待外れでした。

青島や恩田のキャラは懐かしかったけど、劇場版というよりは2時間スペシャルみたいな感じ。

久々の新作で、ファンを懐かしがらせたかったのか何なのか昔の犯人を引っ張り出したり余計なことをやりすぎてる感が…。

日向真奈美(小泉今日子)をまたメインに使ったのも、う~んって感じ。
強烈なキャラだっただけに、逆にそのまま出てくるとちょっと萎える。

一所轄なのに鉄壁の要塞と化す新湾岸署もどうなんでしょ…。

ロボットアニメでもないのに警察署を要塞化させる必要なんてあったんでしょうかね。
な~んか余計なことをやってる感をすごく受ける設定。

しまいには和久さんの甥っ子(伊藤淳史)まで登場する始末。
それも和久さんの残した手帳に書いてある和久さん語録を読むだけのキャラ。
こんなのサプライズでもなんでもないです。

甥っ子に和久さん語録を読まれても嬉しくは思えませんでした。
はっきり言っていらないキャラです。
和久さんはファンの心にはちゃんと残ってるんだから、余計なことしなくていいと思う。

青島が何かに挫折したときに和久さんの言葉を思い出して立ち直るとか、それくらいの方が自然。
ここまでやられるとクドく感じてしまう。



なんだかんだ言って織田裕二さんがあいかわらずいいキャラだったので途中で観るのをやめようとは思いませんでした。
いろいろと突っこみたくなる内容でしたけど、キャラはやっぱり最高です。

次回作に期待。







関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/07/08 00:32 ] 邦画 ドラマ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kanako1970.blog100.fc2.com/tb.php/60-1d077cf9


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。