スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画 オープン・ウォーター2 あらすじ・感想

2007年に公開されたドイツ映画。
赤ちゃんしか乗っていない遭難船が発見された実話を元に作られたシチュエーションスリラー。

監督:ハンス・ホーン
出演:スーザン・メイ・ブラット エリック・デイン

openwater2_1.jpg



【あらすじ】
メキシコ湾沖、5年ぶりに集まった旧友たちが大型ヨットの船上で誕生パーティーを催していた。

openwater2_3.jpg

バハマへ向う途中、船を泊め、彼らは泳ぎを楽しもうと海へと飛び込んだ。

だが、彼らは大切なことを忘れていた。
甲板に上るための梯子を出し忘れていたのだ。

その大型のヨットは水面から甲板まで数メートルあり、梯子なしでは上がることはできなかった。

あまりにも愚かで単純なミスに気付いた時には、すべてはすでに手遅れだった。

openwater2_4.jpg

やがて海水は水着だけの彼らの体から体温を奪い、立ち泳ぎを続ける体力も限界に近づいていった。
パニックに陥り、一人また一人と力尽きていく中、仲間割れからさらに全員を危機に陥れる事故が発生し…。



【感想】※ネタバレを含みます。

前作のオープン・ウォーターは実話を元にした作品で、休暇でスクーバ・ダイビングに行った若い男女がガイドのミスで大海原に置き去りにされサメに襲われる恐怖を描いたとてもショッキングな内容でした。
ダイビングショップを経営してる知人が当時「客が減るからやめてくれ」と嘆いてたのがとても印象に残ってます。


続編(別の話ですが)のオープン・ウォーター2も実話を元に作られた話で、やはり大海原で遭難するという内容。
ほとんど助かる見込みのない絶望的な状況の前作とは違って、今回は周りに仲間がたくさんいて、隣には船が泊まっているので多少希望があります。

実話を元にと言っても、赤ん坊しか乗っていない遭難船が発見された事件を元に作られたそうで、船には赤ん坊しか残っていなかったわけですから証言者もおらず、その事実以外はすべて想像だと思われます。

梯子を降ろし忘れて海に飛び込んだら船に上がれなくなっちゃった、というお笑いみたいな設定ですが、
たぶん実際にもこうやって遭難したんでしょうね。

船に慣れた人なら梯子を降ろし忘れて戻れなくなったら死んでしまうという認識を常に持って行動してるでしょうけど、船の経験がない人にはそういう認識すらないから、そんなことで死ぬなんて思いもしませんからね。
こいつバカだな、なんて単純には言えません。


ところが、、

梯子を降ろし忘れたまではいいですが、そのあとバカだなぁと思ってしまう箇所がたくさんありすぎて、
かな~りイライラします。
おバカな行動でさらに状況が悪化していくあたりが感情移入できない。

openwater2_2.jpg

シリアスな内容なのにいろんな場面で「お前らアホか!」とツッコミまくってました。

布を集めてロープを作ったと思ったら一番体重の重そうなヤツが登り始めてロープが切れちゃうし、大切な携帯電話を海の上で取り合いしてせっかく電話が繋がってるのに水に濡らしてダメにしちゃうし、いくらなんでも行動が軽率すぎて不自然。
いくらパニックになってたとしてもソレはないだろうと。
見てて「がんばれ、あ~惜しい」とはなりません。
思わず、「はぁ?バカなんじゃないの?」と思ってしまう感じ。

不自然すぎて登場人物たちが話を長引かせるようワザと助かる可能性を潰していってるようにすら見えてしまいました。

スリラー映画なんだから、ハッピーエンドを匂わせるような思わせぶりなラストシーンもいりません。

この映画は、イライラしながら「お前らバカだろ!」とツッコミを楽しむ映画だと思います。
ある意味、飽きずに観ることが出来たので面白かったとも言えますが。

ジャケットのデザインもB級臭さが漂ってますが、それよりも「たすけて!」という文字はウケ狙いでやってんのかなって思えるくらいセンス悪い。

スーパーのチラシ以下、まさに子どもの落書きみたいなジャケ。
だれがデザインしたんでしょう。
そっちの方が気になりました。





関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/07/24 14:27 ] 洋画 サスペンス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kanako1970.blog100.fc2.com/tb.php/63-805cb62e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。