スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画 白夜行 (映画版) 主演:堀北真希 高良健吾 あらすじ・感想

2011年に公開された東野圭吾原作の映画。

監督:深川栄洋
出演:堀北真希 福本史織 高良健吾 今井悠貴 船越英一郎 緑友利恵 姜暢雄 小池彩夢 粟田麗

byakuyakou_eiga_2.jpg

【あらすじ】
昭和55年、密室となった廃ビルの一室で刺殺された遺体が見つかった。
殺されたのは地元で質屋を経営する桐原洋介。
容疑者として桐原の愛人・西本文代(山下容莉枝)とその恋人・寺崎忠夫(宮川一郎太)の名が挙がる。
捜査中、寺崎と文代は事故に遭い事件は被疑者死亡により一応の解決をみる。

数年後、当時10歳だった容疑者西本文代の娘・雪穂(堀北真希)ももう高校生になっていた。
母の死後、遠縁に引き取られ、西村から唐沢へ姓を変えて生活していた。

美人で成績の良かった雪穂はクラスメイトから妬まれるほどの才女へと成長。
その後、大学へいってからもさらに美貌に磨きがかかっていた。
しかし、雪穂の周辺には事件が何度も続発していたのだ。

桐原洋介殺害事件の真相を追い続けていた笹垣刑事は雪穂の存在に気付く。
そしてついに、19年前に起きた事件の背後にある驚愕の真実に辿り着く。



byakuyakou_eiga_1.jpg

【感想】
あれだけの原作を2時間半という短い時間でよくまとめたなぁとちょっと尊敬してしまいました。

さすがに時間が短いので原作みたいな、なんか分からんけど雪穂は怖い、という感じはありませんでしたけどドラマ版とは違って雰囲気もよく出ていて、これぞ白夜行だと思えるような作品でした。

雪穂の心理描写が少なかったのも観る側に想像の余地があって良かった。
雪穂の怖さって感情がなくて何を考えているのか分からないってところがありますから。

観る前は堀北真希さんの幼い顔立ちと可愛い声が雪穂のイメージと違ってたんですが、観てみたらなかなか似合っていました。
桐原亮司役(被害者の息子)の高良健吾さんもハマリ役。

船越英一郎さんは最後までホンボシの桐島さんにしか見えなかったw




関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/08/07 16:05 ] 邦画 サスペンス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kanako1970.blog100.fc2.com/tb.php/64-4c7af627


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。