スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

神はサイコロを振らない

2006年に日本テレビ系列で放送されたドラマ。
原作は大石英司、脚本は水橋文美江

kamihasaikoro.jpg

【あらすじ】
黛ヤス子は10年前、航空機事故で恋人を失っていた。

1996年のこの事故は離島から長崎空港に向かって出発した東洋航空402便が突如消息を絶ち、
捜索の甲斐も空しく何の手がかりも見つからずにダウンバーストに巻き込まれ墜落したものとされていた。
ところが10年前に消息を絶ったはずの402便が2006年、長崎空港に着陸した。

そこには10年前と変わらない恋人が…。



神はサイコロを振らない、というタイトルがSFっぽくていいですね。

10年という年月を生きてきたヤス子と一瞬で10年後にタイムスリップした
哲也とのギャップが上手く表現されていてリアルだけどコミカル。

第2話のヤス子と恋人の哲也が再会するシーンで年齢をとった自分を見せたくなくて動揺する
ヤス子の態度が可愛くて印象的です。

素敵なエピソードが満載で隠れた名作です。



出演:小林聡美、山本太郎、ともさかりえ、武田真治、市川実和子

第1話 10年ぶりに帰還した恋人や親友…38才・女捨ててんじゃねぇよ
第2話 10年前愛した人を今も変わらず愛していますか?
第3話 10年前大切だった友達は今もそばにいますか?
第4話 10年前の夢を今も覚えてますか?
第5話 会えてよかった!10年ぶりの親子の再会…
第6話 10年前の恋人は今、友達ですか?
第7話 余命半年教え子に再会…神様からの贈り物
第8話 残された3日間…皆を俺が助ける
第9話 最後の一日運命は変えられる!



主題歌
onelove Ryohei feat.VERBAL(m-flo)

秘密

2010年に放送された東野圭吾さん原作のドラマ。

キャスト
杉田藻奈美・直子 - 志田未来
杉田平介 - 佐々木蔵之介
杉田直子(入れ替わり前) - 石田ひかり
梶川幸広 - 吹越満
梶川逸美 - 日向ななみ
橋本多恵子 - 本仮屋ユイカ

himitu.jpg

【あらすじ】
杉田平介は妻・直子と16歳の娘・藻奈美との3人で暮らしていた。
実家に行く為に直子と藻奈美の2人が乗ったスキーバスが崖から転落してしまう。
ニュースを見て平介は病院に駆けつけたが目の前で妻・直子は息を引き取る。
藻奈美はバス転落のさいに直子が身を呈して守ったおかげで外傷もなく奇跡的に助かる。
しかし目を覚ました藻奈美の身体には死んでしまった妻・直子の魂が宿っていたのだった。
外見は藻奈美、人格は直子という状況に二人は戸惑いながら新たな生活を始める・・・



【感想】
夫でもあり父親でもある平介の心境が切ない話です。

東野圭吾原作を映像化したものの中では割と原作に忠実に作ってありますね。
違いはドラマ版では藻奈美は高校生からスタート。
原作では藻奈美は小学生から始まるので平ちゃんはドラマよりも長い年月苦しみます。
藻奈美の中の直子の変化もドラマ版ではちょっと忙しない感じ。

途中母親である直子の言動になにそれ?と憤慨した部分もあるけど、
テーマの「秘密」という部分はよく考えられていて素晴らしい。

ラストのどんでん返しは、平ちゃん可哀相。
ああすることが止まってしまっている二人の時間をすすめる唯一の方法だったのかもとは思うけど、
やっぱり二人の気持ちを考えると切なくなります。

藻奈美の人格が本当に入れ替わっているかのような志田未来さんの自然な演技も見どころ。


第1話 心は38歳、体は16歳の妻
第2話 今夜16才の妻を抱く!!
第3話 16才の妻、同窓会へ!!
第4話 私の記憶が消える日!!
第5話 妊娠!!
第6話 許されない恋の始まり
第7話 妻の恋人
第8話 妻との永遠の別れ…
第9話 運命は妻を二度奪う…そして驚愕最終回!!



主題歌
初音 「つよがりソレイユ」(作詞・作曲:常田真太郎、編曲:十川知司)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。