スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画 踊る大捜査線 The Movie 3 ヤツらを解放せよ! 感想

2010年に公開された織田裕二主演の映画。
興行成績73.1億円。

出演:織田裕二 深津絵里 小栗旬 小泉今日子 柳葉敏郎 伊藤淳史 内田有紀

odoru3_1.jpg



【あらすじ】
湾岸署が移転することになり、強行犯係長になった青島は引っ越し対策本部長に任命され新湾岸署への移転作業に追われていた。
新湾岸署の開署式の期日も迫っており署内はバタバタと大忙し。

その混雑した最中を狙って、引っ越し業者になりすました若者たちが署内のセキュリティルームに仕掛けを施し、3丁の拳銃を盗みだす。

そして、その拳銃を使った連続殺人事件へと発展していく。



【感想】
前作から7年ぶり、ファン待望の新作。
観客動員数は550万人の大ヒット。

…なんですけど、個人的にはもっと新しい展開を期待していたのでちょっと期待外れでした。

青島や恩田のキャラは懐かしかったけど、劇場版というよりは2時間スペシャルみたいな感じ。

久々の新作で、ファンを懐かしがらせたかったのか何なのか昔の犯人を引っ張り出したり余計なことをやりすぎてる感が…。

日向真奈美(小泉今日子)をまたメインに使ったのも、う~んって感じ。
強烈なキャラだっただけに、逆にそのまま出てくるとちょっと萎える。

一所轄なのに鉄壁の要塞と化す新湾岸署もどうなんでしょ…。

ロボットアニメでもないのに警察署を要塞化させる必要なんてあったんでしょうかね。
な~んか余計なことをやってる感をすごく受ける設定。

しまいには和久さんの甥っ子(伊藤淳史)まで登場する始末。
それも和久さんの残した手帳に書いてある和久さん語録を読むだけのキャラ。
こんなのサプライズでもなんでもないです。

甥っ子に和久さん語録を読まれても嬉しくは思えませんでした。
はっきり言っていらないキャラです。
和久さんはファンの心にはちゃんと残ってるんだから、余計なことしなくていいと思う。

青島が何かに挫折したときに和久さんの言葉を思い出して立ち直るとか、それくらいの方が自然。
ここまでやられるとクドく感じてしまう。



なんだかんだ言って織田裕二さんがあいかわらずいいキャラだったので途中で観るのをやめようとは思いませんでした。
いろいろと突っこみたくなる内容でしたけど、キャラはやっぱり最高です。

次回作に期待。







関連記事
[ 2011/07/08 00:32 ] 邦画 ドラマ | TB(0) | CM(0)

映画 フローズン(FROZEN) あらすじ・感想

2010年に公開されたアメリカ合衆国のスリラー映画。

監督:アダム・グリーン
出演:ケヴィン・ゼガーズ ショーン・アシュモア エマ・ベル
制作にSAWシリーズのプロデューサー、ピーター・ブロックが加わっている。



【あらすじ】
スキー場へ遊びに来たダン、ジョー、パーカーの3人は終業間際、最後にもう一滑りしようと係員に頼み込んでリフトに乗り込む。

frozen_2.jpg

ところが、その係員は急用が出来てしまい、同僚にあと3人残っていることを告げてその場を立ち去ってしまった。

残った同僚は滑り降りてきた別の3人組を見て最後の客だと勘違いをしてしまい、リフトの電源を落としてしまう。

3人の乗ったリフトは突如停止。
彼等は地上15メートル、気温マイナス20度の極寒の暗闇に置き去りにされてしまった。
大声で助けを求めても山中からでは届かない。

frozen_3.jpg

スキー場は翌日から休みに入り、営業再開は一週間後。

猛烈な吹雪の中、顔や手は徐々に凍傷に冒されていく。
気力も体力も奪われ、彼等は死の恐怖に襲われる。

frozen_4.jpg




【感想】
もしスキー場のリフトに取り残されてしまったら…というシチュエーション・パニック・スリラー。
海のど真ん中に置き去りにされるオープン・ウォーターという映画がありましたけど、それの雪山版ですね。

物語のほとんどがリフトの上で進んでいくので、制作費もほとんどかかってなさそうな低予算映画。

でも、誰か気付いて助けに来るのかなぁ、自力で脱出するのかなぁ、結局このまま凍え死ぬのかなぁ、と先の読めない展開だったので結局ラストまであっという間でした。

自分に立場を置きかえて見ることが出来る地味なパニック映画って色々想像しちゃって怖い。

ちょこちょこツッコミどころもありますけど、こういう映画はハラハラ出来ればいいやと割り切って、
細かいことは気にせず見た方が楽しめますね。

低予算でこれだけ出来ればたいしたものだと思います。
なかなか面白い映画でした。

他の方のレビュー(Amazon)





関連記事
[ 2011/07/05 23:44 ] 洋画 サスペンス | TB(0) | CM(0)

映画 変身 出演:玉木宏 蒼井優

2005年に公開された玉木宏主演の映画。

原作:東野圭吾
監督:佐野智樹
脚本:よしだあつこ
出演:玉木宏 蒼井優 佐田真由美 山下徹大 松田悟志 釈由美子 北村和夫

hensin_1.jpg

【あらすじ】
成瀬純一(玉木宏)は絵を描くのが趣味の穏やかな性格の青年。
恋人の葉村恵(蒼井優)も清楚でひかえめなタイプの女性だった。
純一は恵の明るい笑顔が大好きで、いつも彼女と一緒にいた。

hensin_7.jpg

ところがある日、純一は事件に巻き込まれ脳に致命的な損傷を受けてしまう。
回復の見込みはないほどの重傷だったが、運ばれた病院で偶然にも純一の脳に適合するドナーが現れ、純一は世界初の脳移植手術によって奇跡的に一命を取り留める。

hensin_2.jpg

手術は成功したかに思われたが、純一は日を追うごとに以前の自分と手術後の自分にズレを感じ始める。
退院後もまるで別人に変わっていくような違和感を覚え、狼狽する。

そして、ついには愛していたはずの恵のことが好きではなくなってしまう。



【感想】
原作も面白かったし、蒼井優さんも好きなので観たのですが、あれ?という感じを受けました。

まずこの作品は脳移植によって徐々に人格が変わっていく自己崩壊の恐怖を描いた作品なのですが、
映画は変わってしまった自分や恋人に戸惑う二人の恋愛ミステリーにされています。

少しずつ自分が自分でなくなっていく恐怖がまったくと言っていいほど描かれておらず、主人公の純一は変化に狼狽えてるだけ。
それによって不安感も緊張感もなく淡々とした展開になってしまっているし、
最後の純一の行動も短絡的だと感じてしまいました。

監督の意向なのか脚本家の意向なのかは分かりませんけど、東野圭吾原作という話題性だけを借りて監督が別の話にしちゃった感を受けます。
原作は素晴らしいのに監督がダメにしてしまった見本みたいな映画。



蒼井優さんはメグのイメージに合っていたと思います。
普段はニコニコと明るく笑っていたメグが大声を張り上げて号泣する姿は感動的でした。

原作を読まずに、外見は恋人のままなのに人格は恋人じゃなくなってしまう切ないラブストーリーとして観たら面白いかも。

他の方のレビュー(Amazon)









[ 2011/07/03 19:36 ] 邦画 ラブストーリー | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。